Read Article

インスタグラムをツイッターやfacebookと連携させる簡単な方法!

リアルタイムで読まれている記事

インスタグラムをツイッターやfacebookと連携させる簡単な方法!

今回はインスタグラムをツイッターやfacebookと連携させる簡単な方法!について紹介したいと思います。

インスタグラムに投稿した写真をできるだけ多くの人に見てもらいたい!シェアしてもらいたい!

こう考えた時に思い浮かぶこととして、ツイッターやfacebookなど他のSNSとの連携

実際、インスタグラムだけで投稿していた時よりも連携さすことによりアクセス数やシェア率が上がったと言っているユーザーも結構います。

連携自体はとても簡単に行う事ができますのでサクッとこの際設定してみましょう!

合わせて注意点などについても紹介したいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

インスタグラムをツイッターやfacebookと連携させる簡単な方法!

インスタグラムではアプリ内だけでツイッターやfacebookなどの他のSNSと連携さす事ができる機能が予め用意されています。

とは言ってもやはり自分で設定を行う必要がありますので、インスタグラム内でサクッと設定しておきましょう!

インスタグラムをツイッターと連携する方法

まず初めにインスタグラムを起動させて、ホーム画面に入ります。

そして右下の人型マークをタップしたのちに右上の設定オプション(歯車)マークをタップします。

するとオプション画面に移りますので、設定の項目で「リンク済みアカウント」という項目をタップします。

そうすると「シェア設定」画面に移ります。

画面を開くと「facebook」から始まり様々なSNSがズラ〜っと並んでいます。

その中で今回はTwitterをタップします。

TwitterをタップするとTwitterのログイン画面に変わりますので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインします。

そして最後に「連携アプリを認証」をタップすることにより完了です。

どうですか?かなり簡単に行えますよね?では、次はfacebookとの連携方法について紹介したいと思います。

インスタグラムをfacebookと連携する方法

facebookに関しても「シェア設定」画面までは同じ流れになります。

次は「シェア設定」画面内にある「Facebook」をタップしてください。

すると、「Facebookアプリ」もしくは「電話番号またはメールアドレスでログイン」のどちらかでログインします。

そうすると投稿範囲の設定をするように促されますので、シェアする投稿範囲を設定します。

投稿範囲が決まりましたら「OK」をタップすることにより設定完了です!

いかがでしたか!?インスタグラムにおいてTwitterやFacebookとの連携はとても簡単に行う事ができます。しかし、注意点があります。

それはTwitterに関してもFacebookに関しても連携投稿しているにもかかわらず、投稿画面では写真が掲載されずに写真へのURLリンクしか投稿されないのです。

なので、「せっかく連携しているんだから、どうせなら写真付きで投稿したい!」こう思う人もいるはずです。

実はある無料アプリを使用する事で可能になります。

sponsored link

「インスタグラム」と「Twitter」を連携さす為に「IFTTT」を使用する!

実は外部サービスの「IFTTT(イフト)」というアプリでインスタグラムと「Twitter」を連携さす事ができます。

「IFTTT(イフト)」はアプリやウェブサービス同士を自分が決めたルールに従って連携させることが出来る便利なウェブサービスなのです。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。

引用元:Wikipedia

例えば「インスタグラムで写真を投稿したら、投稿した同じ写真をTwitterでも投稿」する。

と言ったように自分が決めたルールによって動作さす事ができるのです。

では、早速その設定方法を紹介していきたいと思います。

「IFTTT」で「インスタグラム」と「Twitter」を連携させる

まず初めにこの「IFTTT」を使った事がない人は⇒「IFTTT 」にアクセスしてアカウントを作成しておきましょう!

アカウントを作成すると今後色々な場面で活用する事ができますのでオススメです!

では、アカウントが登録できましたら、再度「IFTTT 」にアクセスします。

そして予め登録しておいた「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「sign up」をタップしてログインします。

そしてその後、右下の「My Applets」をタップした後に右上の「+」をタップします。

次に「+ this」をタップします。

この部分はいわゆる「もし〜なら」の部分を作成している段階です。

次に「インスタグラム」のアイコンをタップします。

「インスタグラム」のアイコンをタップした後に「Any new Photo by you」をタップしましょう!

すると「インスタグラム」の認証が始まりますので、「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力して「ログイン」をタップして認証します。

次に「+ that」をタップします。

そしたら、先ほどの「インスタグラム」設定同様に進めていきます。

そして「next」をタップしましたら設定の確認をしていきます。

下にスクロールして「Finish」をタップします。

その後に、「Activity」をタップして「Applet created」と表示されていれば設定が問題なくできているということになります。

では、早速「インスタグラム」で投稿してみてください。

「インスタグラム」で写真を投稿したと同時にTwitterでも同じ写真がツイートされているはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はインスタグラムをツイッターやfacebookと連携させる簡単な方法!ということで紹介してみました。

公式アプリでもTwitterやFacebookなどの連携はできるものの、ツイートに写真ではなく写真のURLしか表示されてなかったら、わざわざそのURLをクリックする人って少ないかもしれません。

しかし、後半で紹介しました「IFTTT」の様な外部サービスを利用することにより、発信者にとっても閲覧者にとっても利便性が向上するはずです。

どうせ、お気に入りの写真を投稿するのであればたくさんの人に見てもらいたいものですからね^^

ぜひ、今回の設定方法を参考にしてみてくださいね。

また、インスタグラムは共有目的でなく自分だけや仲間内だけで楽しみたい場合は非公開設定をしておくとクローズドで楽しめますのでオススメです。

>>>インスタグラムで鍵の付け方(非公開方法)を紹介!

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top