Read Article

iPhoneのアプリを自動アップデートさせない設定に!

リアルタイムで読まれている記事

iPhoneのアプリを自動アップデートさせない設定に!

あなたはiPhoneのアプリって初期設定のままだと自動的にアップデートされているって知っていましたか?そうなんです!

iPhone内にあるアプリは自動でアップデート(更新)されているんです。

私もここ最近になって知ったことなのですが、やけに最近iPhoneのデータ容量が減ってるな〜って思ってたのですが先日これが原因だということが判明しました。

まだアプリのアップデートだけならいいんですがiosのアップデートだとかなりデータ容量を消費しますからね。

まぁ、それはさておき今回はそんなiPhone内にインストールされているアプリの自動アップデートをさせない設定にする方法です。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iPhoneのアプリを自動アップデートさせない設定に!

iPhoneのアプリを自動アップデートさせない設定にするのはいたって簡単です。初期状態では自動アップデートが「オン」になっていますので、これを「オフ」にしてあげるだけです。手順としては、

「設定アプリ」>「iTunes&App Store」>「アップデート「オフ」」

たったこれだけで完了です。簡単でしたね^^

iPhoneのアプリを自動アップデートさせない設定にすることのメリット

では何故この設定にするほうがいいのでしょうか?

はい!そうですね。自動でアップデートするということは便利な反面、バッテリー消費にも関わってきますし、ネットワークに自動で接続してアップデートします。

その際にバッテリーも消費しますし、iPhoneがWi-Fi接続されていない場合はデータ容量も消費してしまいます。

私の場合は早い段階で気づくことができましたので、これらの消費を回避することができました。しかし、アプリのアップデートって忘れがちになってしまいますので自動でアップデートしてくれると便利ではあるんですよね。

ようはあなたが便利さを選ぶか消費を減らす方を選ぶかになってくると思います。

また「バッテリーの消費が最近ヒドくなってきた!」そう感じる場合はいくつかの対処法がありますので確認しておきましょう!

>>>スマホの電池 急に減りが早くなったと感じたらするべきこと

まとめ

いかがでしたか?私は自動アップデートは「オフ」にしているのですが、アプリを大量に入れている人なんかは「オン」にしておいた方がアップデート忘れなどがないと思います。

私のようにバッテリー消費を気にするのであれば今回の設定方法はオススメです。

またiPhoneやAndroidのosのバージョンアップでアップデートすることがあると思うのですが、その際にいくつか気をつけるだけでも、アップデートの時間を短縮することができるのです。

>>>iphoneのアップデートの時間を短縮する方法!

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top