iphoneのアプリのアップデートができない時の対処法



[Sponsored Link]

今回はiphoneのアプリのアップデートができない時の対処法について紹介します。

最近は色々なアプリがありますよね!?ゲーム系であればパズドラやモンスト、そして食べログや楽天、はたまた銀行なんかも専用のアプリがリリースされていたりします。

そんな便利なアプリなのですが、iPhoneにおいて時々アップデートできない時があるようです。

なので今回はiPhoneにおけるアプリのアップデートができない場合の解決策についてです。ちなみにiPhoneのosである「ios」のアップデートに関しては次の記事を参考にしてみてください。

>>>iPhoneのアップデートのやり方とできない時の対処法!

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iPhoneのアプリがアップデートできない時の理由

iPhone内のアプリがアップデートできない理由としてはいくつか挙げられます。

その中でも実際に私が体験したことのあるものを幾つか紹介してみたいと思います。

  1. App Storeの障害(不具合)
  2. アプリ自体にバグがある場合
  3. iPhone内の容量不足(ストレージ不足)
  4. iPhoneのos「ios」が古いバージョンの場合

主にこれらが挙げられるのではないかと思います。では、実際にこれらが原因として私たちはどう言った対処法を取ればいいのでしょうか?

順を追って紹介してみたいと思います。

(1)App Storeの障害(不具合)

稀にApp Storeの障害(不具合)によりアプリをダウンロードしたり、アップデートする事が出来なかったりするようです。

実際私も過去に一度、あるアプリをダウンロードしようとして「ダウンロード」をタップしたものの30分経ってもダウンロードが終わらなかった事があります。

その時に行ったことは、アプリのダウンロードをキャンセルして、1時間ほど待ってみました。

その後、再度ダウンロードをタップしたのですが、ものの1分程度でダウンロード>インストールしました。

もしApp Storeと中々通信が上手くいっていないな。。。と感じる場合は一度「キャンセル」して再度ダウンロードするようにしてみましょう。

(2)アプリ自体にバグがある場合

こちらもアプリによるのですが、iPhoneとアプリの互換性などが理由でバグが起こったりもします。

特に最近で言えばiPhoneと「LINE」の関係などは有名ですよね?

「iPhoneのiosをバージョンをアップデートしたらいつもLINEがおかしくなるんだよな〜」

って言っている人もいます。

次の記事にそれについて解説してみましたので参考にしてみてください。

>>>LINEの不具合はアップデートの度起こる!?対処方法は!?

sponsored link

(3)iPhone内の容量不足(ストレージ不足)

iPhone内のストレージ(容量)が不足しているとアプリをアップデート出来ない場合があります。

アプリがアップデート出来ない場合はiPhone内のストレージの確認もしておきましょう!

iPhone内のストレージの確認方法とストレージを増やす方法については以前解説しましたので以下の記事を参考にしてみてください。

>>>iphoneのストレージ不足を解消する4つの方法!

(4)iPhoneのos「ios」が古いバージョンの場合

そして最後にiPhoneのソフトウェアでもある「ios」のバージョンが古い場合です。

「ios」のバージョンが古い場合、様々なところで不具合が起こってしまう可能性がありますので、できるだけ早く「ios」のバージョンアップをするようにしましょう!

バージョンアップの方法が分からない場合は、こちらも以前解説しているので、以下の記事を参考にバージョンアップしてみてください。

>>>iPhoneのアップデートのやり方とできない時の対処法!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiphoneのアプリのアップデートができない時の対処法ということで紹介してみました。

今回紹介した方法で概ねはアプリのアップデートはできるようになると思いますが、それでもアプリのアップデートができない場合は、Appleサポートに連絡するようにしてみてください。

⇒(公式)Appleサポート

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする