Read Article

iphoneのカメラのフラッシュ設定方法!常時照らすことは出来るの!?

リアルタイムで読まれている記事

iphoneのカメラのフラッシュ設定方法!常時照らすことは出来るの!?

今回はiphoneのカメラのフラッシュ設定方法!常時照らすことは出来るの!?という疑問を解決してみます。

iPhoneを使用していてカメラを使う機会もあると思います。しかし、フラッシュを使ってもう少し被写体を明るくしたい!そう考えたりもしますよね。

もちろんiPhoneの機能にフラッシュ機能は付いていますのでその設定方法を紹介していきますね。

また、そのフラッシュを常時、照らしたいんだけど・・・って人も条件はありますが常時照らすことはできますので読み進めていってみてくださいね。

>>>【auの新CMソング】歌ってるのはあの〇〇〇<<<
sponsored link

iphoneのカメラのフラッシュ設定方法!

iPhoneのカメラ機能でフラッシュを設定する方法はとても簡単です。

まず、iPhoneのホーム画面から「カメラアプリ」をタップします。

そうすると、左上にカミナリ」マークが表示されていますので、こちらをタップ!

次にその右側に、

  • ・自動
  • ・オン
  • ・オフ

といった3つの項目が表示されますので、フラッシュを設定したい場合はここでオン」をタップします。

手順としては、

  • 1)カメラアプリを起動
  • 2)画面内の「カミナリ」マークをタップ
  • 3)「カミナリ」マークの右側の「オン」をタップ

になります。そして設定できましたら撮影ボタンをタップするだけです。

意外に簡単でしたね。そして気をつけておきたいのが、撮影が終わり「カメラアプリ」を閉じてしまうと、デフォルトの状態に戻りますので再度カメラで撮影する際はフラッシュの再設定が必要になります。

ではそんなカメラアプリのフラッシュなのですが、常時照らし続けることはできるのでしょうか?

sponsored link

iphoneのカメラのフラッシュを常時照らすことは出来るの!?

結論から言うと一応できます。

なぜ一応なのかというと「カメラモード」ではなく「動画モード」を使用するためです。

どういうことかというと、

  • カメラモードでは常時フラッシュ点灯は出来ない
  • 動画モードでは常時フラッシュ点灯が出来る

といった機能に設定されているようです。

では、その「動画モード」での常時フラッシュ設定はどういった手順を踏めばいいのでしょうか?こちらもとても簡単です。

まず「カメラアプリ」を起動させます。そのあとに左に画面を1つスワイプさせると動画モードになります。

そして動画モードに切り替わったら、左上に表示されている「カミナリ」マークをタップして「オン」にします。すると、iPhoneのLEDフラッシュが常時点灯します。

残念ながら「動画」モードなので静止画は撮影出来ませんが、どうしてもフラッシュを常時点灯させながらの静止画がいいという場合は、iPhoneのスクリーンショットの機能を使うと何とか撮影はできます。

ちなみに上の写真もiPhoneのスクリーンショットで撮影していますので^^

【スクリーンショット関連記事】
>>>iphoneのスクリーンショットを無音化する簡単な方法!
>>>Assistivetouchでスクショを撮影する方法

そして豆知識的なことをもう一つ紹介させてください。

急な明かりが必要になった時に使える機能!

暗闇で何かを探したりする時に懐中電灯が欲しい!って思ったことがありませんか?

そんな時はiPhoneの懐中電灯機能を使うと解決できます。しかも使い方はとても簡単なので是非覚えておきましょう!

iPhoneのホーム画面で下から上に向かってスワイプし、コントロールセンターを表示させます。するとその中に懐中電灯」のマークがありますのでそれをタップします。

タップしたと同時にiPhoneのLEDライトが点灯しますので、明かりが欲しい時に使えるのではないでしょうか!?

あくまで豆知識として知っておいてくださいね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiphoneのカメラのフラッシュ設定方法!常時照らすことは出来るの!?ということで解説してみました。

iPhoneのカメラでフラッシュを設定するのは簡単なのですが、そのフラッシュを常時照らすとなると「動画モード」にしなくてはいけません。

ここは割り切らなくてはいけないのかもしれませんが、今後のiosアップデートで対応してくれると嬉しいですね。

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top