Read Article

iPhoneでクレジットカードが使えない時の対処法

リアルタイムで読まれている記事

iPhoneでクレジットカードが使えない時の対処法

今回はiPhoneでクレジットカードが使えない時の対処法を紹介したいと思います。

いつものようにスマホゲームで課金しようとしたら「現在のお支払い情報はご利用になれません」、または「前回のご購入に請求処理上の問題があります」との文字が!

「え!?使えないの!?」

そんな時に確認しておきたい対処法を紹介したいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iPhoneでクレジットカードが使えない!

冒頭で紹介した文面、「現在のお支払い情報はご利用になれません」とiPhoneの画面に表示されている場合は、クレジットカードの支払い事故が発生してしまった事が考えられます。

おそらく前回の支払いにより支払える枠を超えてしまったか、もしくは有効期限が切れてしまった場合に表示されます。

実際、私も過去に体験したのですが、登録していたクレカの有効期限が切れたままの状態で登録されていました。まぁ、この場合は新しく届いたクレジットカードを再登録することで解決しました。

しかし、前者の支払い枠を超えてしまっている場合は次の月まで待たなくてはいけないのでしょうか?

そんなことはありません!その対処法の手順を紹介したいと思います。

iPhoneに登録しているクレジットカード情報を確認します

ではまず、iPhoneに登録してあるクレジットカードの情報を確認して有効期限が切れていないかをまず確認します。

手順は、「設定」>「iTunes StoreとApp Store」へと進みます。その後、上部にある「Apple ID」をタップします。

そうすると、下のスクショのようなポップが表示されますので、その中の「Apple IDを表示」をタップします。

するとあなたのiPhoneに登録してあるアカウント情報が表示されます。今回はクレジットカード情報の確認になりますので、真ん中の「お支払情報」をタップします。

そうするとiPhoneに登録してあるクレジットカードの情報が表示されますので確認してみましょう!

また、ここで確認したのち、新たに違うクレジットカードを登録したい場合はここで再登録することもできますので、臨機応変に対応するようにしてみてください。

そして、支払い情報に間違いもなく有効期限も切れていない!ということが確認できましたら、次の段階です。

支払い口座の残高の確認!

まぁ、ほとんどの場合自分の銀行口座にどれくらいのお金が残っているかは把握しているとは思うのですが、改めてここでも確認しておきましょう!残高不足だと当然支払うことができませんからね。

冒頭の「現在のお支払い情報はご利用になれません」と表示されている場合、以外と見落としがちになっている項目でもありますので、ここで支払い口座の残高も確認して把握しておくようにしましょう。

未払い分を精算する!

そしてiPhoneでクレジットカードが使えない場合は、あなたのApple IDは支払い事故にあってしまっている状態なので、精算自体も完了していないことになります。

この支払いを完了しないと今後アプリをダウンロードすることもできませんし、コンテンツの購入することすらできません。そうならないためにも未払いを精算しましょう!

その精算方法としては他のサイトでも紹介されている方法なのですが、iTunesカードをチャージして不足分を支払う方法になります。

※ちなみにiPhone、iPad、itouchで未払い分を支払うことはできないので、支払いに関してはPCでの操作になります。

iTunesカードをStoreクレジットとしてチャージする方法は以前、当サイトでLINEコインを購入する際に手順を解説してましたので次の記事を参考にしてみてください。

>>>LINEコインをiTunesカードでチャージする方法!【iPhone、iPad】

sponsored link

iTunes storeにサインインして未払金を支払う!(PC)

そして、iTunes storeにサインインした際に未払い金がある場合は、

「前回の購入時に、お支払いに問題がありました。支払い情報を編集して問題を修正してください」

といった文面が画面上に表示されます。

そのメッセージの下の部分に「請求先情報」のボタンが表示されますので、そこで支払い情報を更新したのちに「完了」することにより未払金を支払うことができます。

ちなみに利用可能な支払い方法は、

  • ・クレジットカード
  • ・デビットカード
  • ・コンテンツコード
  • ・ストアクレジット (iTunes Card、Apple Music ギフトカードを含む)
  • ・PayPal (決済手段としてクレジットカードが紐付けられている必要があります)
  • ・Alipay (設定には Alipay アカウントが必要です)
  • ・China UnionPay (設定には SMS PIN が必要です)
  • ・携帯料金との一括決済 (対応している通信事業者を通じた決済)
  • ・銀行カード (中国のみ)

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT203005

iPhoneでクレジットカードなしでApple IDを作成する手順

iPhoneユーザーの中には学生でクレジットカードを持っていない!って方もいるかもしれませんよね。(Apple IDが無いとアプリもインストールできませんからね)

もちろんApple IDはクレジットカードがなくても作ることができます。ほとんどの場合はキャリアで契約時に作成するとは思うのですが、中にはそうでない人もいるはずですので、ここでサクッと紹介しておきます。手順は、

(1)「App Store」>「任意のアプリを選択」>「Appをインストール」>「Apple IDを新規作成」をタップ。

(2)「国または地域」の選択をし「同意する」をタップ

(3)「(Apple IDとなる)メールアドレス」、「パスワード」、「生年月日」等を入力すると「支払い/請求先情報」を入力する画面へと移ります。

(4)クレジットカードを持ってい無いので「なし」を選択

(5)「名前・住所」「電話番号」を入力。入力完了後にAppleから確認メールが来ます。

(6)Apple IDのメールアドレスとパスワードを入力した後、「メールアドレスの確認」をクリックします。

(7)Apple ID作成完了!(クレジットカードなしバージョン)

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiPhoneでクレジットカードが使えない時の対処法について紹介してみました。

今まで普通に使用していたものがいきなりエラーになってしまうとビックリしてしまいます。最近はついつい課金してしまうような魅力的なアプリが多いです。

しかし、クレジットカードの利用枠・口座残高はいつも把握しておくようにしましょうね。

クレジットカードの無い方はiTunesCardを使用する方法がベストだと思います。(使いすぎ防止にもなりますからね^^)

ぜひ、ゲームや音楽で課金するときにエラーが出てしまった場合は今回の記事を参考にしてくださいね。

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top