iphoneで位置情報が共有できない時に確認する2つのこと



[Sponsored Link]

今回はiphoneで位置情報が共有できない時に確認することを紹介したいと思います。

恋人同士や家族間で位置情報(GPS機能)の共有をすると色々と便利なこともあります。

自分が今いる場所を共有するので、

・今どこにいるのかを伝える時
・相手とはぐれた際の手がかり
・見知らぬ土地で友人と待ち合わす際

など様々な場面で利用することができます。

しかし、いざやってみよう!ってことになったものの実際設定してみても上手くいかない!

「なぜ??」

って思った時にこれから紹介する事を意識してみてください。

また、iPhoneの位置情報と合わせてiPhone標準アプリの「コンパス」がきちんを動作する事も確認しておくと安心です^^

>>>iphoneのコンパスがおかしいと感じた時に試す方法

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iPhoneの位置情報が共有できない時に確認する2つのこと

iPhoneの位置情報の共有ができない時に考えられることとして、相手側の位置情報の共有が「共有不可」になっている場合があります。

位置情報をお互いに共有するためには次に紹介する二つの条件を満たす必要があります。

iPhoneの位置情報の共有設定その1

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「設定したいアプリを選択」>「このAppを使用中のみ許可もしくは常に許可」を選択します

01 02 03 04

iPhoneの位置情報の共有設定その2

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「自分の位置情報を共有」>「位置情報を共有をON」に設定します。

0102003 005

以上の設定をお互いの端末で設定しておく必要があります。

これでお互いのアプリ内で共有設定することで、iPhoneで位置情報の共有ができるようになるはずです。

「ちょっと待って!位置情報サービスの画面がグレーアウトしていて設定すらできないんですけど!」

こんな人もいるかもしれません。

その場合は「機能制限」内にある、

・「位置情報サービス」
・「自分の位置情報の共有」

が「許可」に設定されているかを確認してください。

「設定」>「一般」>「機能制限」(パスコードを入力)>「位置情報サービス」と「自分の位置情報の共有」を「許可」にします。

settei1 settei2 settei3 settei5

↑これと↓これを「許可」にします。

settei04

これでiPhoneの位置情報サービスの画面がグレーアウトから通常に戻っていると思います。

まとめ

iPhoneは基本的に初心者でも体感的に使用できるように作られているわけですが、細かい設定が少し分かりにくかったりします。

なのでiPhoneをとことん探究してみてください^^

し・か・し

このiPhoneの「位置情報の共有」に関しては便利な分、ストーカーを誘発するような怖い部分もあります。

そして、安全なiPhoneでもハッキングの危険性があることは知っておいたほうがいいかもしれません。

>>>iPhoneがハッキングされていないか確認する方法と対策

また、位置情報がなんかおかしい!?そう感じた場合は次の改善法を試すようにしてくださいね。

>>>iphoneの位置情報がおかしいと感じた時に試す改善方法!

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする