iphoneの位置情報をオンにするメリット・デメリット!



[Sponsored Link]

今回はiphoneの位置情報をオンにするメリット・デメリットについて紹介します。

iPhoneを使っていると何かと位置情報を求められてきますので、アンドロイドからiPhoneに機種変更した人はビックリするかもしれませんね。(私がそうでしたので。。。)

そんなiPhoneの位置情報サービスなのですがメリットとデメリットって何なのでしょうか!?今回まとめてみましたので参考にしてみてください。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneの位置情報って本当に必要なの!?

そもそもiPhoneの位置情報サービスは必要なのか!?という疑問もあるかもしれません。

その問いに対しては個人的には「iPhoneを使い倒すのであれば必要!」そう言えると思います。

iPhoneの位置情報を使ってできることって結構あります。あんなことやこんなこと。。。そのiPhoneの位置情報サービスを利用することによるメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

また、iPhoneの位置情報と合わせてiPhone標準アプリの「コンパス」がきちんを動作する事も確認しておくと安心です^^

>>>iphoneのコンパスがおかしいと感じた時に試す方法

iphoneの位置情報サービスを「オン」にする事によるメリット

iPhoneの位置情報を「オン」にする事によるメリットは次の通りになります。

  • ゲームアプリとの連携でさらに楽しむことができる(位置情報を利用するアプリの場合)
  • 写真を撮った際に撮った場所を記録することができる
  • iPhoneを紛失した際に位置情報を使用して探し出すことができる
  • 地図アプリによって自分の現在場所を知ることができる

主にこれらのメリットがあるのではないかと思います。

特に旅先でマップを開いた際に自分の現在地点が分かると目的地までどう言った道順を辿ればいいのかも分かりますので大変便利です。

そしてゲームに関しても位置情報を利用した協力プレイなどはアーケードゲームでは出来ない醍醐味もありますのでこれにはまってしまうユーザーも多いのではないかと思います。

また、iPhoneを紛失してしまった際もパソコンを使い、紛失したiPhoneの捜索も出来ますので、この部分は大きなメリットではないかと思われます。

そして紛失してしまった際に遠隔操作を行うことにより個人情報の漏洩にも活躍してくれます。

>>>iphone遠隔ロックの方法と解除方法について!

これらがiPhoneを使用していく上で位置情報サービスが便利だなぁ〜と感じる部分だと思います。では、その逆でデメリットとしてはどう言ったものがあるのでしょうか?

sponsored link

iphoneの位置情報サービスを「オン」にする事によるデメリット

iPhoneの位置情報を「オン」にする事によるデメリットは次の通りになります。

  • iPhoneのバッテリー消費が増加する
  • 写真に位置情報が記録される為にSNS投稿時などには情報漏洩の可能性が出る

と言ったものが主なデメリットだと言えるかもしれません。iPhoneのバッテリー消費が増加するのは言うまでもありませんよね。

位置情報をオンにするということはGPSを使って衛星と通信するわけですので、それに伴いバッテリーが消費されるわけです。その為、位置情報を「オフ」にしていた時よりも割と多くバッテリーは消費されます。

そしてもう一つのデメリットでもある写真に位置情報が記録されることによる情報漏洩です。

個人で撮った写真をライブラリで閲覧したり印刷したりする分に関しては問題ないのですが、SNS等で写真を投稿したり共有する場合は撮った写真が何処で撮られたものかが分かってしまうため、気になる人は気が気じゃないかもしれませんね。

「んじゃ、それを防ぐ方法はないのか!?」

ということですが、「あります。」その方法は「カメラアプリ」の位置情報を「許可しない」に設定する方法です。

手順は、「設定アプリ」>「プライバシー」>「位置情報サービス」をタップして進んでいきます。

すると、位置情報を使用するアプリの一覧が表示されますので、その中の「カメラアプリ」を選び、「許可しない」に設定するだけです。

しかし、中には位置情報サービスの「許可/非許可」が選択できない場合があるかもしれません。

そんな時は、あることが原因の場合がありますので次の記事を参考に設定してみてください。

>>>iPhoneの位置情報をオフにする方法と出来ない時の対処法

また、すでにSNSなどに位置情報が記録されている写真を投稿してしまっている場合は、情報削除が出来るアプリを使用すれば解決することができます。

PhotoCheck – 写真の位置・場所を確認&除去

⇒ダウンロードはこちら

【このアプリの主な機能】
・iPhone本体内全ての写真の位置情報解析及び一覧表示ができます。
・写真に位置情報が含まれている場合、その位置情報を地図上に表示できます。
・表示された位置情報を、必要に応じて除去した写真の複製を保存できます。

一部引用:https://itunes.apple.com

GPS Deloger – 気になる位置情報をまとめて簡単削除 –

⇒ダウンロードはこちら

【このアプリの主な機能】
・一度に複数の画像を選択でき、簡単にGPSデータを削除した画像を作成することができます。
・詳細画面で画像の住所、日付、地図を確認することができ、気に入った写真はTwitterやFacebookに投稿できます。

一部引用:https://itunes.apple.com

まとめ

いかがでしただしょうか?今回はiphoneの位置情報をオンにするメリット・デメリットということで紹介してみましたが、あなたにとってメリットとデメリット、どちらの方が大きかったでしょうか?

個人的にはメリットの方が大きいので今後も各アプリの設定を行いつつ自分なりに使用していければいいかな?と思いました。

もうすでにSNS等に写真を投稿してしまっていてもアプリで削除することもできますので、自分の身元を知られたくない場合は是非活用してみてください。

また、位置情報を使用した便利な方法もありますので是非iPhoneを活用する際には参考にしてみてください。

>>>iphoneの位置情報共有をメッセージでする方法!

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする