Read Article

iphoneのテザリングが繋がらない時の対処法!

リアルタイムで読まれている記事

iphoneのテザリングが繋がらない時の対処法!

今回はiphoneのテザリングが繋がらない時の対処法!について紹介してみたいと思います。iPhoneのモバイルデータ回線を使ってMacなどのPCに繋いでインターネットを楽しむ事が出来るテザリング機能。

アンドロイドなどでは「テザリング」と呼ぶのが一般的なのですがiPhone上では「インターネット共有」と呼ばれています。

しかし、最近はiPhoneにおいても「テザリング」が一般的な表現になっていますので、呼び名はどちらでもいいって感じですね。

では、このiPhoneにおける「テザリング(インターネット共有)」とは何なのか!?そして繋がらない時の対処法についても紹介してみたいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneのテザリング(インターネット共有)とは?

テザリング(インターネット共有)とは、iPhoneがインターネットを接続する際に使用しているキャリア(docomo / Softbank / au)回線(4GまたはLTE)を使用して、他の端末とネット回線を共有することです。

つまり、iPhoneで使っているインターネット回線をパソコンやタブレットでも同様に使用出来るようにするというものです。

出先の場所にWi-Fiの環境が無かったりする場合に重宝する機能ですね。

iPhoneのテザリングはどうやって設定するの!?

iPhoneにおいてのテザリング(インターネット共有)のやり方はとても簡単で、

「設定」>「インターネット共有」>「オン(白⇒緑)」にするだけです。

settei01

settei02この設定で各デバイスにインターネットを共有できる環境にする事が出来ました。

そして各デバイスごとにWi-Fi設定に進み「〇〇のiPhone」という風に表示されるはずなので、それを選択した後確認出来たら「Wi-Fiのパスワード」を入力します。

これで他の端末機器でも共有元のiPhoneのネット回線を使いインターネットを楽しむ事が出来ます。

sponsored link

iphoneのテザリング(インターネット共有 )が繋がらない!

テザリング(インターネット共有)のやり方は分かったけど、「実際やってみたけど繋がらないんだけど!」って話を聞いたりします。

実はこの「インターネット共有」を使う場合ちょっとしたコツがあります!私はこのテザリング(インターネット共有)をMacでよく使うのですが、このコツを知らない時は、

「あれ!?繋がらないじゃん!」

って四苦八苦していました。しかし、次に紹介する事を実践するようになってからはすぐに繋がるようになりました。

「インターネット共有」の画面を開いたままMacのWi-Fiで検索する

実はこれをする事が一番重要だったりします。要は先ほどの、

settei02この画面を開いたままの状態でPC側でWi-Fiの検索をするのです。

「インターネット共有」をオン(緑色)にした後に、設定画面を閉じてしまうと、MacがWi-Fiを検知しないことが多いです。

繋がるまでは上記の画面をキープしておくようにしましょう。

tunagekata01Macの電波マークをクリックして「Wi-Fiを入にする」を選択した後「〇〇のiPhone」を選択すると上記のようなチェーンマークになります。

この状態がテザリング(インターネット共有)が出来ている状態になります。

検知できない問題がMac側にある場合は大抵はこれで解決することができます。しかし、逆にiPhone側に問題がある場合は次に紹介する方法を試してみてください。

iPhoneを機内モードに「オン」にした後また「オフ」にする

上記の方法でほとんどの場合は繋がるのですが、稀に繋がらないこともあります。その時は、見出しにもある通りiPhoneの「機内モードをオン」にして再度「機内モードをオフ」にしてください。

「設定」>「 機内モード」を「オン」にし、すべての電波をシャットダウンし、その後、機内モードを「オフ」にすることで再度電波を入れ直すということです。

kinaimode01この後は先ほどの手順になるのですが、

「インターネット共有」の画面を開いたまま(キープした状態)で、Mac側でWi-Fiの検索をします。

この手順で大抵の人は繋がるようになりますので是非試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

iphoneのテザリング(インターネット共有)とは?から始まって繋がらないときの対処法まで説明してみたのですが、やってみるとすごく簡単です。

そして最近はこの方法により私も外出した際はテザリング(インターネット共有)を使うのですが、iPhoneの「インターネット共有」を開いていない状態でも検知するようになりました。

コンピューターは賢いですね(笑)

そして今やインターネットができない場所はないとまで言われています。更にこの方法を使うことで、パソコンもいつでもどこでもネット回線に繋げることができます。

しかし、パケット通信などには十分に気をつけるようにしましょう!

テザリング状態で動画を見たりすると一気に通信量制限がかかってしまい4GやLTEでも128kbpsまで通信速度が落ちてしまいウェブページの閲覧どころではなくなってしまいます。

通信速度128kbpsってめちゃくちゃ遅いです!そうならないためにもしっかり知識をつけておきましょう。

⇒通信速度の128kbpsってどのくらいの速さなわけ!?

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top