Read Article

iPhoneのナイトシフトの効果や設定方法!バッテリー持ちは良くなる!?

リアルタイムで読まれている記事

iPhoneのナイトシフトの効果や設定方法!バッテリー持ちは良くなる!?

今回はiPhoneのナイトシフトの効果や設定方法!バッテリー持ちは良くなる!?ということで解説したいと思います。

先日、ヤ◯ダ電機に行って故障したブルーライト遮光メガネの替えを買いに行こうとしたのですが、店員さんに、

「あまり売れないので撤去したとこなんすよ〜」

と言われました。パソコンやスマホから発せられるブルーライトが目に悪いのはみなさんご存知なはず!だから、ブルーライト遮光メガネはスマホユーザーにもPCユーザーにも必須のアイテムだと思っていたのですが、どうやら私だけがそう思っていたようです。。。

今回はそんなブルーライトの遮光にも効果があるとされるiPhoneのナイトシフト(夜間モード)についてです。また、使用している際はバッテリーの持ちはどうなのでしょうか?

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iPhoneのナイトシフト(夜間モード)とは?

最近は夜寝る前にスマホをいじる人が非常に多いです。夜寝る前なので周りも暗いですよね。そんな中、長時間スマホを見ているとスマホから発せられるブルーライトにより目が疲れやすくなります。

ブルーライトはパソコンのみならず、ゲーム機、液晶テレビやスマホからも発せられています。このブルーライトを目が浴び続けると様々な悪影響を及ぼすと言われています。

例えば、視力低下やドライアイ、肩こりや腰痛の原因にもなってしまうとまで言われています。現に最近の小学生は携帯ゲームの普及により著しく視力が低下していて統計でもそれが顕著に現れています。

そんな、体に悪影響を及ぼすブルーライトをiPhoneのナイトシフト(夜間モード)で軽減できるのであれば嬉しいですよね!?

今回のナイトシフトモードはiPhoneの画面を暖色系に変化させる機能です。基本的に「寒色系」よりも「暖色系」の色彩は目に優しいと言われていますので、その効果も少なからず感じることができるはずです!

では、その設定方法を紹介したいと思います。

iPhoneのナイトシフト(夜間モード)の設定方法

ナイトシフトモード(夜間モード)はios9.3以降からの機能になります。また、対応機種もiPhone5sから使用する事の出来る機能になります。

では早速、ナイトシフトモード(夜間モード)の設定をしていきたいと思います。まず、

「設定」>「画面表示と明るさ」>「Night Shift」

を選択します。

「NightShift」の項目の中には3つの設定項目があります。

  • 時間設定
  • 手動で明日まで有効にする
  • 色温度変更バー

時間設定

時間設定をすることができます。この時間指定をオン(緑色)にすると何時から何時までナイトシフトを使うのかを指定することができます。

また、時間の隣の「」をタップすることにより、より詳細に時間を設定することができます。

手動で明日まで有効にする

「手動で明日まで有効にする」を「オン」にすると現時点設定での色温度でナイトシフトが作動します。

色温度変更バー

色温度の変更をする際に使用します。「暖かく」に近くなる程、薄いオレンジ色がだんだん濃くなってきます。ここは自分の好みで設定するようにしてみてください。

個人的な設定では、真ん中よりも少しだけ「暖かく」の方向が丁度いい感じでした。

ここは目と相談しながら設定する様にしてみてくださいね。

iPhoneのナイトシフト(夜間モード)を今すぐに使う場合!

「なんか、設定から色々していくのは面倒に感じるな。。。すぐに使うことってできないの!?」

って聞こえそうですね。

「はい!今すぐに使うことができます!」

ナイトシフトモードをすぐに使いたい場合は、「ホーム画面」で「コントロールセンター」を開くことにより、ものの数秒で起動さすことができます。

「コントロールセンター」を開くためには、「ホーム画面」を下から上に向けてスワイプするだけです。

すると、下の画像の様に「コントロールセンター」が出現しますので、その中の「Night Shift:オフ」を「Night Shift:オン」にします。

これで、「Night Shift:オン」になりましたのでモードが起動した状態になりました。

そして、より詳細な設定がしたい場合は先述した方法により設定してみてください。

ほとんどの場合はこの設定で十分かと思いますが、こだわりのある人はとことん自分仕様にしてみてもいいかもしれませんね。

sponsored link

iPhoneをナイトシフトモードにするとバッテリー持ちは良くなる!?

実はこれは逆で場合によったら悪くなります。というのもナイトシフトの「色温度」の調節具合によります。

そもそも、このナイトシフトモードを設定すること自体がiPhoneに新たな動作を指定していることになりますので、必然的にバッテリーの消耗は強くなります。

ただし、「低電力モード」と併用することにより電力は若干持ちが良くなります。「低電力モード」の場所は、

「設定」>「バッテリー」>「低電力モードを「オン」にする」

ですので、設定しておくと良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiPhoneのナイトシフトモード(夜間モード)でブルーライトを軽減する方法を紹介してみました。

最近は周りが暗くても普通にスマホをいじりますので、目への負担も大きいと思います。

しかし、少しでも目に対しての負担を減らそうと思うのであれば、今回のナイトシフトモード(夜間モード)はとても効果がありそうですね。ぜひ試してみて下さいね。

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top