iphoneのsafariでパスワード自動入力する方法!



[Sponsored Link]

今回はiphoneのsafariでパスワード自動入力する方法を紹介したいと思います。

Webサービスを利用していると当然その中にはユーザーIDやパスワードを入力する項目があったりします。

そのWebサイトに頻繁にアクセスするのであれば、やはりIDやパスワードの手打ち入力は面倒だと感じます。

そこで、今回はiphoneのsafariにおいてパスワードを自動入力する方法についてです。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneのsafariでパスワード自動入力する手順

iPhoneのSafariにてパスワードを自動入力する際はあらかじめ簡単な設定が必要になってきます。まず、

「設定」>「Safari」>「自動入力」と進みます。

そして「ユーザ名とパスワード」を「オンにすることで設定は完了です。

この手順でsafariでパスワード自動入力するための下準備は完了です!簡単ですね^^

iphoneのsafariでパスワードを保存する方法

先ほど紹介した自動入力の下準備が完了したら、次にユーザーIDやパスワードの入力を求められるサイトへ行き「ユーザーID」、「パスワード」を入力します。

そうすると「パスワードを保存」と画面に表示されますので、これをタップします。

すると再度、「ユーザーID」や「パスワード」を求められるサイトに行くと「パスワードの自動入力」という項目が表示されますので、タップすると自動入力されます。

かなり簡単に設定できるので拍子抜けかもしれませんね^^

※新規で訪問したサイトで「パスワードを保存」をタップするだけですので非常に簡単ですよね。

初めの設定だけきちんとしておけば、後はiPhoneが自動的に保存していってくれます!

sponsored link

設定した「パスワード」や「ユーザー名」の変更・削除方法

この設定方法は、サイト別に登録していた「パスワード」や「ユーザー名」に変更があった際にする設定です。

ほとんどの場合は「パスワード」や「ユーザー名」を変更することはないとは思いますが、一応手順を知っておくと今後の役に立つかもしれません。まず、

「設定」>「Safari」>「パスワード」へと進みます。

「”設定“でTouch IDを使用」と表示されるので指紋認証を完了させます。

また、指紋認証を行わない場合はまず指紋認証を1度行った後にパスワードを入力するようにします。

そうすると、次の画像のように「Safari」にて保存された「パスワード」の一覧が表示されるようになります。まず、このパスワードの削除手順は、

「編集」>「項目をチエック」>「削除」の手順になります。

そして「パスワード」の変更を行う場合は、

「変更したいサイトを選択」>「編集」へと進みます。

その後に「パスワード」や「ユーザー名」の部分をタップすると文字を入力できたり削除できるので希望する「パスワード」を入力し、右上の「完了」をタップすることで設定完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?サイトごとの「ユーザー名」や「パスワード」の入力はかなり面倒なものを感じますよね。

しかし、この方法だとiPhoneに保存させることになりますので煩わしさも軽減できると思います。

しかし、簡単に保存できるというメリットの裏側にはやはりデメリットもあるわけです。

それは、iPhoneを落として第三者がそのiPhoneを手にしたり、友人・知人・家族が使用することがある場合です。

どういうことかというと、第三者がパスワードを保存したサイトにアクセスした時も同じように自動入力されてしまうということは知っておくようにしましょう!

この部分を防ぐためにはiPhoneの遠隔ロックなどの方法を知っておくと活用できるかもしれませんね。

>>>iphone遠隔ロックの方法と解除方法について!

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする