iPhoneの左右のスライドが反応しない時の対処法!

今回はiPhoneの左右のスライドが反応しない時の対処法!について紹介したいと思います。

iPhoneを使用していると時々こんな現象に遭遇することがあります。

左右のスライドは反応しないのに上下のスライドはできる!なんて不思議な現象ありませんか?

対処をしようとしてスリープボタンを再度押してみるものの左右のスライドが出来ないもんだから初めのロック解除すら出来ない。。。こんな時、一体どうすればいいのでしょうか?

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iPhoneの左右のスライドが反応しない時の対処法!

iPhoneの左右のスライドが反応しない時、たった一つだけ解消できる方法があるんです。

それはiPhoneの再起動をすることです!

その他の電子機械でもそうなのですが、再起動や電源を落とすことによって一瞬でクリアな状態になるのです。

それはiPhoneも同じで左右のスライドが反応しない場合でも再起動することで、解除できるのです。

これを読んで、「なるほど!そしたら再起動してみよう!」となったかもしれないですが、

「ちょっと待って!再起動なんてできなくね?」

こうなると思います。

左右のスライドが反応しないので画面ロックさえ解除できません。

「おいおい!んじゃ、どうすることもできないじゃん!」

ってなりそうですが、再起動する方法は他にもありますのでこれから紹介してみたいと思います。

sponsored link

iPhoneを強制終了させた後、再起動させる

iPhoneを始めに強制終了をさせた後に再起動さすことにより問題なく左右のスライドの反応は改善さすことができます。

この方法、以外と知られていないのですがやり方はかなりシンプルなので数分で出来ます。

<iPhoneの強制終了のやり方>
iPhoneのスリープボタンホームボタンを同時に長押しをします。

iPhone01

この操作をすると、iPhoneの電源が急に落ちて強制終了されます。

そしてその後、再度スリープボタンを押して再起動させます。

この一連の流れでiPhoneの左右のスライドの不具合は解消されます。

iPhoneの左右のスライドが反応しなくなる原因

ではこの問題が生まれてしまう原因はなんなのでしょうか!?

これはiPhoneのメモリの過剰使用によるものと考えられます。

iPhone使用中にたくさんのアプリを開いていることによりバックグラウンドでも勝手に動作していますので、無理なアプリ動作によりiPhoneが、「もう無理〜!」って状態に!

これを解消する方法としてはマルチタスク画面を開きアプリを小まめに終了(再起動)させてあげましょう。

「ホームボタン」を2回連続で押すとマルチタスクが開きますので、下から上に向かってスワイプさせて使用していないアプリはこれで終了させていくようにしましょう。

そして「Safari」でも同様に右下のマルチタスクボタンをタップしたのちに観ていないウェブページは左右のスライドを使用して消していくようにしましょう!

maruchitasuku

これをしてあげることで、iPhoneにストレスを与えることなく余裕を持って使用していくことができます。

人間でもそうですが、自分の処理能力以上の負荷がかかってしまうと体に異変が起きてしまいますよね!?

それと一緒です。

またブラウザを使用しているとブラウザが強制終了してしまう場合も、同様に解消できると思いますので、

「最近よくブラウザが落ちるんだよな。。。」

こう感じる場合は試してみてくださいね。

iPhoneを長く使用していく為にも細かな気配りをしてみてくださいね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiPhoneの左右のスライドが反応しない時の対処法について紹介しました。

iPhoneは高機能ですのでどうしても無理をさせてしまいがちなのです。

なので時々はiPhoneを労わる意味も含めて時々はマルチタスクを開いてアプリを消したり、iPhoneを再起動させてあげる様にしてくださいね。

また、使用していく中で「iPhoneが起動しない!電源もつかない!」こんなこともあるかもしれませんので、そんな時の対処法を知っておくと安心ですね。

>>>iphoneが起動しない・電源がつかない時の対処法!

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする