iphoneのsiriと音声コントロールの両方共「オフ」にする方法!

今回はiphoneのsiriと音声コントロールの両方をオフにする方法!について紹介します。

先日、iosのアップデートがありました。iOS10.2以降は、ホームボタンを押すことによってiPhoneと話す機能。

また、検索機能でもある「Siri」と「音声コントール」の両方をオフにすることが出来るようになったのです。これまでは、

音声コントロールがオン → Siriがオフ

音声コントロールがオフ → Siriがオン

など、どちらかが「オン/オフ」に設定してあるとどちらかが「オン/オフ」に設定されるようになっていました。

しかし、iOS10.2以降は両方とも「オフ」設定にすることができるのです。では早速その設定方法を紹介しますね。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneの「siri」と「音声コントロール」の両方をオフにする方法!

ここでは、ホームボタン長押しによる「siri」と「音声コントロール」の両方をオフにする方法を紹介したいと思います。まず、

「設定」>「一般」>「アクセシビティ」>「ホームボタン」をタップして進みます。

すると「押したままにして話す」と書かれてある項目に注目します。

すると「siri」、「音声コントロール」、「オフ」の3項目がありますので「オフ」をタップして設定します。

こうすることによってホームボタン長押しによる「siri」、「音声コントロール」の両方ともを「オフにすることができます。

sponsored link

再度「siri」を使用する際の注意点!

一度、前項のホームボタン長押しによる「siri」、「音声コントロール」の両方ともを「オフにすると、再度「siri」を使用する際に注意しなければいけないことがあります。

それは、一度両方を「オフ」にしてしまうと改めて「設定」>「一般」>「アクセシビティ」>「ホームボタン>「siri or 音声コントロール」を設定しても「siri」を使うことができません。

そのため、再度「siri」を使用するためには、

「設定」>「siri」へと進んで有効にする必要があります

再度、「siri」を使用する際は以上の手順を踏んで使用するようにしましょう!

「siri」の再設定直後は「Siri」がデータを参照するのに多少時間が掛かる場合がありますので、余裕を持った設定をするようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiphoneのsiriと音声コントロールの両方をオフにする方法を紹介しましたが、普通に利用する分に関してはとても便利な「siri」と「音声コントロール」。

しかし、「そんな機能いらないよ!」って思う人もいると思いますので、ぜひ今回の方法を実践してみてください。

そしてあなたに合ったiPhoneの設定をして快適なiPhoneライフを手に入れてください^^

またsiriを利用している人はsiriの検索結果に疑問を持っている人もいるかもしれません。

そうなんです!

siriはGoogleやYahoo!を使っていないのです。

じゃあ、何を使っているの!?って事なのですが「bing」という検索エンジンを使っています。

しかし、ある設定をする事でsiriでbing以外の検索エンジンを使うことは出来るのです。

>>>iphoneのsiriでBing以外の検索エンジンを使う簡単な方法!

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする