Read Article

iphoneのスリープボタンが効かない時の再起動方法

リアルタイムで読まれている記事

iphoneのスリープボタンが効かない時の再起動方法

今回はiphoneのスリープボタンが効かない時の再起動方法です。iPhoneを長く使用しているとスリープボタンは頻繁に使用すると思います。

その為、人によってはスリープボタンが故障してしまい使用することができなくなってしまった!って人もいるかもしれません。

故障してしまった場合は修理をする必要があると思うのですが、「Apple Care+」に加入していないと数万単位での請求金額になってしまいます。

>>>iphoneのホームボタンが壊れた時の原因と修理料金は?

もちろん修理する方法が一番なのですが、「今は金欠。。。」、「給料日までの辛抱。。。」って人もいるかもしれませんので、スリープボタンの代替方を今回紹介したいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneのスリープボタンが効かない時の再起動方法

iPhoneのスリープボタンが効かない時に再起動する為には、iPhone内の機能の「AssistiveTouch」を使用します。

この「AssistiveTouch」を使いこなすことができれば、スリープボタンがなくとも様々な操作が可能になります。

では、まず始めに「AssistiveTouch」のボタンを出現さすところから始めてみましょう!

「設定」>「一般」>「アクセシビティ」

へと進みます。そしてその中の項目にもある「AssistiveTouch」をタップすると「灰色のボタン」が画面上に出現します。

この「灰色のボタン」が出現すれば事前準備は完了です。

またこの「AssistiveTouch」ボタンは画面上であれば、どこにでも移動さすことができますので、あなたの好みの場所に配置してみてください。

では早速使い方に入っていきましょう!

「AssistiveTouch」を利用したiPhoneの再起動方法

「AssistiveTouch」を使用した再起動はとても簡単です。

まず始めに、画面上に出現した「AssistiveTouch」のボタンをタップします。すると画面上にメニュー画面が出現しますのでその中で操作していくようになります。

「AssistiveTouch」内にある「デバイス」をタップします。

そのあとに「画面をロック」を長押しします。

すると、スリープボタン長押しをした時のように再起動画面に映りますので「スライドで電源オフ」を表示通りスライドさすと再起動することができます。

「Assistivetouch」を使うと色々な場面で役に立ちそうですよね。

もちろんiPhoneを修理することが大前提にあるわけですが、万が一修理の時期が遅れてしまいそうな場合でも、ある程度この「Assistivetouch」の機能で蒔かぬことができてしまいます。

また、スリープボタンを多用する機能の中に「スクリーンショット」があると思うのですが、この「スクリーンショット」も今回の「Assistivetouch」でできてしまいます。

>>>Assistivetouchでスクショを撮影する方法

sponsored link

「AssistiveTouch」ボタンを簡単に呼び出す方法!

今回表示方法を紹介したわけですが、人によったら「面倒臭い!」そう感じる人もいるかもしれません。

なのでこの「AssistiveTouch」ボタンを簡単に呼び出す方法を知っておけば、自分のタイミングで操作することができますのでとても便利です。

設定方法は、「設定」>「一般」>「アクセシビティ」>「ショートカット」>「AssistiveTouch」にチェックを入れます。

この設定をあらかじめしておくことで、自分の好きなタイミングでトリプルクリック(連続で3回ホームボタンを押す)することにより、「AssistiveTouch」ボタンを出現さすことができます。

また「AssistiveTouch」ボタンが出現している状態でもう一度トリプルクリック(連続で3回ホームボタンを押す)することにより、「AssistiveTouch」ボタンを非表示にさすことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この方法を活用することができれば、iPhoneのスリープボタンが故障していようともある程度iPhoneを使用することはできそうですね。

また、ホームボタンが故障してしまった場合でも今回の方法は活用できますので、ぜひこの機会に覚えておきましょう!

しかし、iPhoneを長く使用していくことを考えるのであれば、早めの修理をするようにしましょうね。

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top