iphoneで通話を録音する方法!無料アプリを紹介!



[Sponsored Link]

この記事ではiphoneで通話を録音する方法と無料アプリを紹介したいと思います。

友人知人、家族や会社関係など日常でスマホを使って通話することって結構あると思います。

その中で、この人との通話は録音しておきたい!って場面もあるかと思います。

iPhone自体には通話録音機能は付いていないのですが、あるアプリをインストールすることで通話を録音することができるのです。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

通話を録音することのできる無料アプリ

TapeACall Lite

このアプリは無料で使えるのにとてもシンプルです。

スクリーンショット 2016-05-16 11.01.28

⇒TapeACall Liteのダウンロードはこちらから

使い方としては、

1)iTunesにてアプリをインストール

(2)録音したい相手に電話して通話中にこのアプリを起動させる

(3)大きな録音ボタンが表示されているのでこのボタンをタップします

(4)3ウェイコールが作成されたらこれをタップ

スクリーンショット 2016-05-16 11.07.04

(5)通話を終了することで録音が完了します

しかし、ここで注意事項が何点かあります。

  • 無料バージョンでは録音した初めの60秒間しか再生ができない
  • 完全無制限で録音するには1200円の課金をしてプロバージョンにアップグレードする必要がある
  • yモバイルdocomoの端末では使用することができない

これらの注意が必要になります。

まぁ、個人的になのですが60秒間あれば結構な会話を録音することができますので、無料でも十分活用することはできると思います。

しかし、それじゃ物足りないって方はアップグレードをしてみてもいいかもしれませんね。

IP電話アプリ「SMARTalk」

スクリーンショット 2016-05-16 11.21.52

⇒「SMARTalk」のダウンロードはこちらから

これはもともとスマホの通話料を安くするという名目で作られています。

「050」で発信することで通話料を安くすることができ、初期費用と月額基本料は無料で利用することができます。

スクリーンショット 2016-05-16 11.30.58

初期費用と月額基本料は無料で使用することができます。

そして、30秒あたり8.4円なので通話料を安く抑えられるというのが魅力です。

個人的にはこちらの方がお得なような気がします。その理由として、

  • 1台のスマホで2つの電話番号を持ちたい
  • 通話を録音する機会がある

こういった事情がある場合には重宝するアプリになると思います。

sponsored link

iPhoneの機能になぜ付いていないのか!?

日本では通話を録音することについては法に触れることがないのですが、アメリカ等では通話を録音することは法に抵触してしまいます。

iPhoneは世界共通のスマホとして販売されていますので、この録音機能をつけていないのです。

それとは逆にアンドロイドの場合はそういった縛りも今の所ありませんので、録音機能を持つアプリはiPhoneに比べると結構あるわけです。

なんか不平不満が聞こえてきそうですが、世界共通のiPhoneということで納得せざるおえないですね。

まとめ

iPhoneで通話記録のできるアプリというのは限られていますが、その中でも利便性のあるものを今回はチョイスしてみました。

通話を録音する場面というのは色々あるかもしれません。

そういった場面で有効活用できるのも今回紹介したアプリだと思いますので是非有効活用してみてはいかがでしょうか。

また、iPhoneの純正イヤホンは使っていますか?

iPhoneのイヤホンは純正なのにかなりハイスペックな仕様になっているのです。

私も最近よく使うようになったのですが、純正とは思えないくらい様々な使い方があるのです!

一度使い始めるとクセになる!iPhoneの純正イヤホンはそんなイヤホンです。

>>>phone純正イヤホンの便利な4つの使い方と設定方法

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする