Read Article

iphoneのコンパスがおかしいと感じた時に試す方法

リアルタイムで読まれている記事

iphoneのコンパスがおかしいと感じた時に試す方法

今回はiphoneのコンパスがおかしいと感じた時に試す方法を紹介してみたいと思います。

iPhoneの標準アプリとしてインストールされている「コンパス」なのですが、方角をただ知ることのできる方位磁石アプリではないんですよね。

まぁ、それは多くの人が知っていると思うのですがその他にも地面の傾きを知ることができたりと、水準器としての役割も果たしているんです。

しかし、この「コンパス」が正常に反応しないとなるとこのアプリの役割を果たすことができなくなってしまいますよね。

コンパスが正常に反応しない。。。iPhoneの故障!?と一瞬思ってしまうかもしれませんが、ここで紹介する方法を一度試してみてください。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneのコンパスってどういった原理で方角を示すのか!?

そもそもiPhoneのアプリの「コンパス」どうやって方角が分かるの!?ってことですが、iPhoneの中には地磁気などの微量の磁気を感知することのできる「磁器センサー」が内蔵されているんです。

このiPhoneのように「磁器センサー」を使って方角を示す機能を「電子コンパス」と言います。

この「電子コンパス」は私たちが使用しているiPhoneの周りにある微弱の磁気に対して瞬時に反応します。

例えば鉄骨を使用した建造物やインテリアなどの鉄でできた製品、また周りの人が使用しているスマホやiPhoneなどの電子機器等にも反応したりすることがあります。

この「コンパス」が北の方角を知るためには、私たちのいる場所の地磁気が水平方向に対してどちらの方向を向いているのかを調べようとするのです。

iPhone内にある磁器センサー2つを、「コンパス」が直角に組み合わし、前後左右の地磁気を検出し、その地磁気の強さによって「北」の方向を検出しているのです。

iPhoneのコンパスがおかしい!狂ったりする原因は!?

多くの原因として挙げられるのが、

・今現在いる場所の磁気の影響
・「電子コンパス」の磁気センサーの異常
・iPhoneのバグ

などがあります。

そのため、「コンパス」内の調整が上手くいかなくなることがあるようです。

そうはいっても原因不明の場合が結構多いので、多くの場合は「コンパス」アプリの再起動やiPhone本体の再起動を行うことでほとんどの不具合やズレを修正できることが多いようです。

>>>スマホアプリの再起動はアプリの不具合に効果大!!

中には無線などの電磁波の影響を受けて「コンパス」が干渉を受けて狂ってしまったり思わぬ方向を向いてしまったりすることもあります。

ある程度方角を認識していて「コンパス」を開いてみると真逆だった!なんて事も稀にありますしそんな時はiPhoneも分かっているのか、

「iPhoneを8の字に動かして再調整してくだい」

ってメッセージが出たりすることがあります。

そんな辺地にいるわけでもないのに何でだよ〜って思ったりすることもあるかもしれませんが、次に紹介する場所にいる場合は少し注意してみてください。

大抵の場合は、iPhoneのバグや、今いる場所の磁気の影響等、なんらかの原因で「一時的に」、電子コンパスのセンサーに異常が起こったため、コンパスの調整が上手く行かなくなるようです。

・家電製品や金属製家具が周りにある場合
・雑居ビルなどの周りが建物に囲まれている場合
・電車の中もしくは駅のプラットホームにいる場合
・磁石などの磁気を帯びたアクセサリー等を身につけている場合

これらの場所って普段自分がいて当たり前のところばかりだと思いますよね。

ってか、これらが「コンパス」に干渉してしまうのだったらどこにいても正確な方角を知ることできないんじゃ!?って思ってしまいがちですが全てが「コンパス」に悪影響ってわけではないです。

要は磁力を帯びているものが何かしら影響を与える可能性があるかもしれないということです。

やはり原因不明なだけに様々な可能性を考慮しておかなくてはいけないので、今回紹介している原因が根底にあるかもしれないということは知っておきたいものです。

しかし、街中で「iPhoneを8の字に動かして再調整してください」なんてメッセージが出てしまうと、一瞬びくってしてしまいますよね!?

だからと言って大きく8の字に回すのではなくて手首をひねるくらいの感覚です。

そしてこういった不具合が起きてしまう時は大抵iPhoneの再起動をすることによって改善される場合がほとんどなので、「コンパス」の再起動、もしくはiPhoneの再起動を試みてください。

それでも改善されない場合はiPhoneの故障も視野に入れておかなくてはいけません。

では、次はこの「コンパス」を使用するにあたって注意しておきたいことなどについて紹介しておきたいと思います。

sponsored link

コンパスを再設定する方法

iPhoneの設定から「プライバシー」>「位置情報サービス」を開きます。

「位置情報サービス」をオンにして、コンパスの欄に「許可しない」と表示されているはずなので、「このAppの使用中のみ許可」を選択しその後、干渉補正を行いましょう。

再度iPhoneのホーム画面にある便利ツール」の中からコンパスを起動します。

そうすると「干渉補正」の調整画面が表示されますのでゆっくりとiPhoneを傾けていき、赤いボールを円に沿って転がすことにより、数秒程度で補正が完了します。

iPhoneのコンパスを使用する時は「真北」を設定

iPhoneのコンパスを使用する際に「北」というのは「真北」、「磁北」といった種類で表現されることがあります。

「真北」というのはiPhoneのコンパス上では、「北極点を示す方向」で「磁北」というのは読んで字のごとく方位磁石が示す北の方角を指します。

ほとんどの場合、この「真北」と「磁北」はズレていることが多いですのでiPhoneのアプリ「コンパス」を使用する際は「真北」を使用するようにしましょう。

iPhone内では、

「設定」>「コンパス」>「真北を使用

を選択します。

再設定ついでにGPSも切ってみる

iPhoneのこの「コンパス」使用する時はGPSの機能を使用します。

GPSを使用すると「コンパス」使用時、下部に今いる住所などが表示されます。

純粋に「コンパス」の機能を使用するのであれば、このGPSもオフにすると画面もスッキリしますしいいかもしれません。

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「コンパス」>位置情報の利用を「許可しない

こうすることで、「緯度/経度」、また現在地の住所等も表示されなくなりますので画面上とてもスッキリします。

また、位置情報サービスを元から「オフ」にしたい場合は以下の記事を参考にしてみてください。

>>>iPhoneの位置情報をオフにする方法と出来ない時の対処法

まとめ

便利ツールの中に「コンパス」があるのは知ってるけど、どんな時に使っているの?って人も多いかもしれません。

実は、マップやゲームアプリなどにも紐付けされていることも多いので出来ればズレは補正しておきたいものですよね。

なので、最近iPhoneの位置情報がおかしいかも!?と思ったりしてら「コンパス」をたまには開いてチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

では、コンパスにも使用されている位置情報サービスなのですが、それをオン」にするメリットやデメリットってどんなものがあるのでしょうか!?次のページにまとめてみました。

>>>iphoneの位置情報をオンにするメリット・デメリット!

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top