回線速度の「上りと下り」の意味とは?



[Sponsored Link]

今回は回線速度の「上りと下り」の意味とは?ということで紹介したいと思います。

インターネットを介したデバイスを使用していると自然とこの上りや下りという言葉を聞くようになります。

特に最近は街中でもWi-Fiスポットがたくさんありますので色んなところでインターネットを楽しむことができますよね。

身近な存在でもあるこの回線速度の上りと下りですが一体どんな意味があるのでしょうか?

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

回線速度でよく聞く「上りと下り」の意味とは?

私たちユーザーがインターネットを利用している回線速度には主に2種類あります。その2種類の回線というのが今回の、

・上り速度
・下り速度

というわけです。普段何気なく聞いている言葉なのですが中々この意味をきちんと知る機会ってないですよね。

ではこの2種類の回線の意味とは?

回線速度の「上り速度」の意味とは?

インターネット回線における上り速度というのは、具体的に、

「インターネット上に情報をアップロードする速度」

を指します。

※アップロードとは・・・プログラム、データを手元のコンピュータからネットワーク上のサーバーに転送することを言います。

例えば、私たちの身近なものでいうと、

・その場で撮った写真をTwitterインスタグラム、Facebookなどにアップロードする時の速度。
・撮影した動画をYouTubeにアップロードする時の速度。
・メールやLINEのメッセージを送る際の速度。

私たちが普段ファイルを送信したりする時の参考速度がよく耳にする「上り」ということなんですね。

例えば、光ケーブルなどを使用した時に「上り速度は50Mbpsです」なんて聞いたことがあるかもしれません。

私たちは何となく光ケーブルだから速そう!って解釈をしていますが実は物凄く早い速度なんです。

1Mbpsというのは「メガビーピーエス」といって1秒間に送る事の出来るデータ量を数字で表しているのです。

1Mbpsは1秒間に約6万文字以上の日本語を送る事が出来る量なのです。

なので、光ケーブルはそれの50倍ですから単純計算で、1秒間に300万文字の日本語を送信する事が出来る速度だという事が分かります。

撮った写真や動画などをアップロードする際に時間がかかってしまう事があるのは使用しているネット回線の「上り速度」が遅いということになります。

sponsored link

回線速度の「下り速度」の意味とは?

では逆に下り速度とはどんな意味なのでしょうか!?インターネット回線における下り速度というのは、具体的に、

「インターネット上から情報をダウンロードする時の速度」

のことを言います。例えば、

・ホームページを閲覧したりする時の速度
・インターネット上の情報をパソコンやスマホで見る時の速度
・YouTubeの動画を再生したりゲームを読み込んだりする時の速度

などの速度を表します。

一般ユーザーにとってはこの「下り速度」を利用することが多いと思います。

なので、インターネットの光回線を選ぶ際にはこの「下り回線」の数値を参考にするとどれくらいの速度なのかがわかりやすいかもしれませんね。

最近は下り速度「2Gbps」など、モンスター級の速度回線などもありますので色々見てもらうと面白いと思いますよ。

・1000bps = 1kbps ・1000kbps = 1Mbps ・1000Mbps = 1Gbps

まとめ

いかがでしたでしょうか?インターネットを利用していると色々な専門的用語を耳にしますが、調べてみるとなるほど!って思ってしまうことが多くないですか?

今回は「上りと下り」ということで紹介してみました。

・上り速度はインターネット上に情報をアップロードする際の速度
・下り速度はインターネット上から情報をダウンロードする速度

ということで覚えておく様にしましょう!

「auひかり」を使って通信制限無しの快適生活を実現しませんか!?
36,000円の高額キャッシュバックも翌月にゲットできて一石二鳥!(docomo/SoftBankユーザもOK)
>>>auひかりのキャッシュバック特典っていつもらえるの!?
sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする