LINE サーバーの不具合!?接続できない時の対処法

LINEアプリを開くと接続できない時が時々あります。一瞬、

「LINEサーバーの不具合!?」

と思ってしまうのですが、これには2つほど原因が考えられます。

今回はその原因と対処法について紹介してみたいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

LINE サーバーの不具合!?接続できない時の2つの原因

スマホでLINEアプリを開くと時々サーバーに接続できない時があります。

次に紹介する原因により繋がらない時がほとんどですので確認してみてください。

この2点によるものがほとんどの場合になります。

サーバーに繋がらないと当然、LINEアプリを開くことができません。

そうすると当然、使用することができません。

では、早速この二つの原因の対処法について紹介していきます。

LINEのサーバー不具合!?接続できない時の2つの対処法

1)インターネット環境を確認してみる!

最近はネット環境と言っても色々な環境がありますよね。

モバイル回線ではLTEや4G回線、またはWi-Fiなどありますよね?

タブレットやスマホだとモバイルデータ通信だと思いますので必然的にLTEや4G回線になると思います。

しかし、通信速度制限を受けてしまっている場合はネットでの閲覧やネットを使ったアプリなどは動作が正常に作動しなくなります。

そのため、あなたのスマホが通信速度制限に掛かって通信速度が128kbpsになっている場合はWi-Fi回線を使用することでネットの速度を改善できます。

Wi-Fi回線は公共のフリーWi-Fiスポットでも利用できます。

もしあまりにもスマホの通信速度が遅くLINEを開くことすら出来ない場合、Wi-Fiスポットを利用することで使用することができるはずです!

また通信環境を表す上記のアンテナマークがあると思います。

左がモバイル通信時でのアンテナマークで右側がWi-Fi回線使用時のアンテナマークです。

このアンテナの線の数が0〜1本しかない場合は、スマホやタブレットのネット環境はあまり良くない状態と言えます。

LINEやその他のアプリの動作が悪く感じる場合はこのスマホに表示されているアンテナの本数にも気を配ってみましょう!

sponsored link

LINEアプリの不具合によるもの

そしてもう一つがLINEアプリの不具合によるものです。この対処法としては2つあります。

この二つのことで改善される場合が多いです。

まず1つ目のLINEアプリの再起動ですが、これについてはIOSとAndroidはやり方が変わってきますので、こちらの「スマホアプリの再起動はアプリの不具合に効果大!!」を参考に実行してみてください。

2つ目のLINEアプリを最新のものにアップデートですが、こちらもiPhoneとAndroid端末では操作が変わってきます。

iPhone・・・「ホーム画面」>「App Storeアプリを起動」>「右下のアップデートの欄にLINEがあればアップデートをします」

Android端末・・・「Google Playアプリ」>「アップデート欄をタップ」

ちなみにLINEアプリが最新のものでなく使い続けると不具合以外にもセキュリティ面でも乗っ取りなどの危険性もありますので、LINEアプリは常に最新のものにアップデートするようにしましょう!

まとめ

今回はLINEアプリがサーバーに繋がらない時の対処法を紹介しました。

ほとんどの場合、今回紹介した方法で使用できるようになると思います。

なかなかLINEに接続できない!LINEが開かないとなった場合は参考にしてみてください。

また、LINEを使っている人はLINEのタイムラインも見る機会があると思います。その時に表示される広告って正直、邪魔じゃないですか?

実は非表示にする方法があります。

>>>LINEタイムラインの広告が邪魔だったから非表示にしてみた!

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする