Read Article

LTE・4G・3Gの違いって説明できますか!?

リアルタイムで読まれている記事

LTE・4G・3Gの違いって説明できますか!?

スマホやタブレット、またタブレットPCなどを利用していると、

・「LTE」

・「4G」

・「3G」

などの文字を目にしたり耳にしたりすることがありますが、この文字の意味を説明することってできますか?

今回は今更聞けないLTE・4G・3Gってなんなのか!?について簡単に説明して見たいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

移動通信の規格(速度)を指す言葉

4Gや3Gの「G」というのは移動通信の規格(速度)を指す言葉なのです。

「G」というのは「Generation(世代)」の頭文字を取ったものです。

3G・・・第3世代

4G・・・第4世代

という意味です。当然世代が進むごとに安定した高速のモバイル通信が実現されるということですね。

国内の大手3第キャリアでも根本的なことは同じなのに呼び名が違ったりするので消費者的には混乱してしまうんですよね。

docomo・・・「FOMA(フォーマ)」

au・・・「CDMA1X WIN」

SoftBank・・・「SoftBank 3G」

って言われていましたよね?これらが3G規格と言われるものです。

sponsored link

そして最近では、

docomo・・・「Xi(クロッシィ)」

au・・・「4G LTE」

SoftBank・・・「4G LTE/4G」

が主流になってきていると思います。

これらが4G(LTE)規格となるわけです。

これを見る限りでも3Gよりも4Gの方がいいじゃん!ってなりそうですよね?

しかし、「LTE」ってなに!?って疑問になりませんか?

 「LTE」というのは「Long Term Evolution」(長期的進化)の略称で4Gが出るまでの「橋渡し」的な存在だったわけです。 

しかし、世界的に「3Gの発展規格を4Gと呼称する」ということが認められ、4Gの仮の呼び名だった「LTE」が4Gだと言われるようになり、消費者的に混乱を招く結果になったんですね。

「LTE」は厳密に言うと4Gではなく3Gの高規格(3、9G)なんですね。

真の4Gは2016年から本格的に普及していますので、今後は4Gという言葉が主流になってくると思います。

 3G ⇒ 「LTE」 ⇒ 4G 

の流れですね。

もちろん通信速度も大きく進化し、 3Gだと14Mbps程度 だった速度が 4Gに成ると75Mbps~100Mbps になるので、この数字の飛躍ぶりを見ても、高速化していることが理解できますよね。

列車でいうと路面電車がリニアモーターカーに進化したような感覚でしょうか?

これからはますますモバイル社会と言われる時代になってくると思いますので、こう言った通信規格の進化は私たち消費者としては影響も大きくなりそうですね。

sponsored link
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

関連記事



Return Top