iPhoneでFlash Playerおすすめブラウザアプリとインストールする手順



[Sponsored Link]

この記事ではiPhoneでFlash Playerおすすめブラウザアプリとインストールする手順について紹介してみたいと思います。

ご存知の方も多いかと思いますが、iPhoneをはじめとしたiOS端末はFlash Playerに対応していません。

最近はHTML5対応のコンテンツが普及してきたとはいえ、まだまだFlashPlayerのみ対応のコンテンツも少なくありません。

その為、iPhoneで観たい動画を再生できずに悔しい思いをされた経験をお持ちの方もいらっしゃる事でしょう。

そうした不便を解消してくれる便利なブラウザアプリが「Puffin Web Browser」。

6720904

高速のJava Scriptエンジンとクラウドによって、FlashPlayer対応のコンテンツもストレスを感じる事なく滑らかに再生できます。

iOSでFlashPlayerを利用する際の決定版ともいうべき、「Puffin Web Browser」の使い方についてご紹介します。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

Puffin Web Browserの使い方:1

ダウンロードしてからの使い方は、特に難しい事はありません。

アプリを起動直後に表示されるチュートリアル画面に沿って進むと、画面をPC版で表示するかモバイル版で表示するかを聞かれます。

01

iPhoneで利用するのであれば、モバイル版を選択しましょう。

PC向けのWebサイトも、概ねきちんとリサイズの上で表示してくれます。

Puffin Web Browserの使い方:2

画面右上の「+」をタップして新しいタブを表示させます。

02

次に入力窓に検索キーワードを入力して検索すると、Googleの検索結果が表示されますので、そこから目当てのページを探してアクセスします。

03

6720908

また同じ入力窓にURLを入力して検索すると、目的のページにダイレクトにアクセスできます

67209096720910

こうした操作感は、Safariの検索窓に検索キーワードやURLを入れて検索するのと同様ですので、iPhoneユーザーなら違和感なく使う事ができると思います。

そうしてFlashPlayer対応のページにアクセスすると、若干のタイムラグはあるもののコンテンツが表示されます。

そうするとコンテンツ上でタップするとスムーズに再生する事ができます。

Puffin Web Browserの使い方:3

Puffin Web BrowserはシークレットモードAirPrintなど、他ブラウザと同等の機能を持っている他、オリジナルの機能も搭載しています。

6720911

その一つが「マウスパッド」機能です。

04

画面上にポインタを表示させ、マウスパッド上でドラッグしながらお目当てのリンク箇所の上にポインタを合わせてから人差し指で長押しすると、ポインタが矢印から指の表示に変わり、そして画面が切り替わります。

iPhoneでは画面が小さいので、初めのうちは操作に違和感を覚えるかもしれませんが、慣れてくるとスムーズにブラウジングする事ができるので便利です。

まとめ

以上、簡単ではありますがPuffin Web Browserについてご紹介しました。

単に FlashPlayer対応というだけでなく、かゆい所に手が届く便利な機能も搭載したブラウザです。

度重なるアップデートによって、コンテンツの表示精度も格段に向上していますので、普段使いのブラウザアプリとしても十分使えるのではないでしょうか。

このPuffin Web Browserも十分便利なのですがセキュリティ面や総合面を考慮すると、やはりYahoo!のブラウザは強いかもしれません。

その理由についても詳しく解説してみました。

>>>yahooブラウザの評判は!?詐欺サイトから身を守ってくれる?

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする