スマホの絆創膏が登場!割れたスマホに効果あり



[Sponsored Link]

今回はスマホの絆創膏が登場!割れたスマホに効果ありという題で紹介したいと思います。

人は怪我をしたり傷を負ったりすると絆創膏を貼りますよね。

もちろんスマホも例外ではありません。

そんな割れてしまったスマートフォンに貼る保護フィルム「スマホの絆創膏」が先日発売されました。

どんな保護フィルムなのでしょうか?「スマホに貼る絆創膏」の紹介についてです。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

スマホの画面が割れてしまっても使用している人は多い!

先日、ある調査機関が統計を取ったところ、スマホやiPhoneを割れたままもしくは傷がついたままの状態で使用してしている人は全体の70%以上にも上るのです。

これ意外じゃないですか?

私の感覚だと割れてしまったスマートフォンって、怪我をしてしまう可能性もあるのでそのまま使うのって正直ありえないわけですが。。。

しかし、そのまま使っている人たちの意見として、

・修理費用が高い
・修理するのにも時間がかかる
・少しぐらいの割れだったら気にしない
・もう少しで買い替えの時期になるから我慢

などの意見がほとんどでした。確かに、頷けるものも多くありましたが、それでも液晶が割れたままだと何かと危険ですよね。

そんな時に今回の「スマホの絆創膏」は活躍してくれそうですね。

また、持っているスマホがiPhoneの場合は、再購入することも考えたほうがいいかもしれません。再購入に関しては次の記事を参考にしてみてください。

>>>iphone 紛失!再購入すると費用はいくら!?ソフトバンク/au/docomo編

スマホの画面が割れてしまった時の救世主?「スマホの絆創膏」

スマホの画面が割れても使い続けているユーザーが以外と多いところに着目したスマホバンク株式会社は「スマホの絆創膏」を製作しました。

使い方は他でも販売されている保護フィルムとほぼ同じですので取り付けも非常に簡単です。

割れたまま使用している人からすれば安全面などを考慮したこの商品は画期的な商品だと言えます。

sponsored link

「スマホの絆創膏」の貼り方

「スマホの絆創膏」はあらかじめカットされたものではなく、自分自身でカットするタイプのフリーカットタイプです。

そのため幅広い機種に対応することができます。

フィルムを貼る際には動画にもありますが、

・ハサミ
・カッター

などが必要になりますので用意しましょう!

結構丁寧に説明してくれているので、この通りにすれば難なく貼り付けが可能だと思います。

以前、保護フィルムの貼り方については当サイトでも紹介しましたので、合わせて読んでおくと安心です。

>>>スマホの液晶保護フィルムの貼り方が意外と簡単だった!

フィルムを貼る前にもう一度よく考えてみる

スマホの画面が割れた後に貼るということで脚光を集めた「スマホの絆創膏」ですが、購入する際にもう1度考えてみましょう!

たとえ今回のフィルムを貼ったとしても割れたスマホの画面が元に戻るというわけではありませんので、各キャリアでの「補償サービス」なども確認してから行動するようにしてみてください。

以前、iphone 紛失!再購入すると費用はいくら!?ソフトバンク/au/docomo編にも書いたのですが、キャリアによって補償サービスの内容が大きく変わってきますので1度確認しておきましょう!

個人的には、「スマホの絆創膏」は買い換えまでの応急的処置ぐらいの感覚なのかなと思いました。

一番は今回のことを教訓にして、スマホの画面を2度と割れるようなことのないようにしたいものです。

しかし、万が一スマホの画面が割れてしまった時は今回のような商品があることを思い出してみてくださいね^^

またスマホの液晶画面は割れてないけど、タッチパネルが反応しない場合もあります。

以下の記事はiPhoneのケースで紹介していますが、iPhone以外でも対処は同じなので知っておくと安心です。

>>>iphoneのタッチパネルが反応しない時の原因と対処法

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする