Twitterアプリの通信量を減らす簡単な設定【iPhone編】



[Sponsored Link]

Twitterアプリの通信量を減らすことを考えていますか?

先日Twitterの動画再生制限時間が30秒だったものが140秒にまで大きく変わりました。

もちろん投稿する側とすれば再生時間も大きくなったので自由度は高くなったのですが、タイムラインを見てみると結構動画の投稿をしている人って多いですよね?

その影響でデータ通信量を軽く超えてしまいキャリアの制限に掛かってしまった!って人も結構います。

そこで今回はそんなタイムラインを見ていても勝手に動画を流すことなく、なおかつTwitterアプリの通信量を減らす簡単な設定を紹介してみたいと思います。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

Twitterアプリの通信量を減らす簡単な設定【iPhone編】

設定自体はとても簡単です。

Twitterアプリを起動>「プロフィール」をタップします。

twitter01

「設定」をタップしたのちに「データ」をタップします。

twitter02

「データ」>「画像のプレビュー」と「動画の自動再生」を変更します。

「動画の自動再生」は3パターン設定することができます。

  • モバイルデータ通信やWi-Fi接続時
  • Wi-Fi接続時のみ
  • 常にオフ

の3パターンから設定することができます。私のオススメは「Wi-Fi接続時のみ」です。

twitter03

以上でタイムラインの画像プレビューや動画が再生されなくなりますので確認してみましょう!

twitter04

上の画像のように表示されていなければ設定は完了しています。

もし、今までにTwitterを頻繁に使っていて、モバイル通信のデータ容量がすぐになくなってしまうといった経験がある人は一度見直してみるのもいいと思います。

チリも積もれば山となりますから、こう言った小さな事の積み重ねで月中のデータ容量を守りましょう!

データ通信の容量の制限を超えてしまうとご存知の通り、通信速度が128kbpsになります。

これ、実際どれくらいの速さなのか知っていますか?

>>>通信速度の128kbpsってどのくらいの速さなわけ!?

sponsored link


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする