スポンサーリンク

LINEで自分のIDを確認する方法は?



[Sponsored Link]

LINEで新たに友だち登録をする時に便利なLINE IDですが、自分のID何で、どこにあるのかわからないということがあります。

ですので、ここではLINEのアプリ内で自分のIDを確認する方法を紹介します。
とても簡単なのでご安心ください。

LINEの友だち登録の方法は「電話番号」「メールアドレス」「QRコード」「ふるふる」そして「LINE ID」

LINEは知り合いとメッセージのやり取りをするのにとても便利なアプリで、多くの日本人が利用しています。

個人はもちろん、多くの企業で業務連絡などのツールとしても使われています。
また、今は若者だけではなく、お年を召した方もLINE連絡を取り合っています。

そのように様々な場面で利用されているLINEですが、お互いが連絡を取り合うためには、それぞれのスマートフォンに「友だち」として登録されていなければなりません。

友だち登録の方法はいくつかあります。

実際の友人同士であれば多くの場合、既にお互いが知っているスマホのアドレス帳の電話番号で自動的にLINEの友だちとして登録されます。

電話番号やメールアドレスを知っていれば、LINEに「招待する」というやり方もあります。

直接会う機会があれば、QRコードや「ふるふる」でも友だち登録できます。

そしてもう一つ「LINE ID」を使うことでも友だち登録ができます。

どんな時にLINE IDを使う?

ですが時には、知り合い同士でも電話番号やメールアドレスを交換していない。
または、業務用なので個人的な電話番号やメールアドレスをあまり知られたくないといった事情などがあるかもしれません。

直接会う機会があれば、QRコードや「ふるふる」で友だち登録できるのですが、そんな機会もないという場合もあります。

そんな時に便利なのが「LINE ID」です。

どちらかが相手のLINE IDを知ることができれば、それを使って相手を探すことができるのです。

自分のLINE IDがどこにあるかわからない

しかし、自分のLINE IDを相手に伝えようと思った時、自分のIDを覚えていないということがあります。

そして確認しようと思っても、どこにあるかわからないということもあるかもしれません。

特に高齢者の方は、メッセージのやり取りなど基本的な操作はできても、普段使わない機能に関してはサッパリわからないという方も多いです。

なので、ここではその自分のLINE IDの確認方法を説明します。

自分のLINE IDの確認方法

それでは自分のLINE IDの確認方法を順を追って説明します。

  1.  LINEのアプリを開き、ホーム画面に行きます。
  2. ホーム画面の上に表示されている自分の登録名をタップします。
  3. 次の画面の自分の登録名の下にある下向きの矢印をタップすれば表示されます。

また次の方法でも確認できます。

  1. LINEのアプリを開き、ホーム画面に行きます。
  2. 右上の歯車のマークをタップし「設定」の画面に行きます。
  3. 「設定」の画面の「プロフィール」をタップし進みます。
  4. 名前や電話番号と並んで自分のLINE IDが表示されます。

以上です。

わかればとても簡単だと思います。
これでどんな場合でも簡単に、LINEでメッセージのやり取りをしたい人を友だちに登録することができますね。

まとめ

LINE IDは相手を友だちに登録する時に使います。
電話番号やメールアドレスがわからなくても、また直接会わなくても、友だち登録ができるのでとても便利です。

LINE IDがわかれば、相手を探したり、自分を探してもらったりできます。
そのLINE IDは上記のようなやり方で簡単に探すことができるので、新しい知り合いとLINE IDを使って友だち登録をしようと思った時は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする