スポンサーリンク

機内モードの意外で便利な使い方を紹介!実はWi-Fiも使えます!



[Sponsored Link]

スマホやパソコンに『機内モード』という機能が付いているのはご存知かと思います。

その名前の通り、飛行機に乗るときにONにしなければならない機能ですね。

これは飛行機の安全な運航のためですが、「なぜ飛行機に乗るときに機内モードが必要なのか?」「そもそも機内モードとはどういう機能なのか?」ということまで理解している人は案外少ないようです。

ですが実は、機内モードは飛行機に乗るときだけでなく、日常生活の中でも意外な便利な使い方があるのです。

そんなわけでこの記事では、機内モードがどんな機能なのかということを知っていただいた上で、本来の使い方とは違う様々なシーンでの便利な使用方法を紹介します。

「機内モード」ってどういう機能?

飛行機に乗るとき、「電波を発するすべての機器は、電源をOFFにするか、機内モードにてご使用の上、通話はお控えください」というアナウンスを聞いたことがあると思います。

機内モードとは、一言で言えば「スマホの通信を一括で遮断する機能」です。

では、スマホになぜこの機内モードという機能が付いているかと言うと、スマホでの通信に使用する各種の電波が飛行機の運転に悪影響を与えてしまい、大きな事故が起こるのを防ぐためです。

「飛行機の中では機内モードにしなければならない」というのは航空安全法で定められているので、絶対に守らなければなりません。

そのため、この機内モードを使用するのは、基本的に運航中の飛行機の中ということになります。

また、スマホだけでなくパソコンにも機内モードの機能がついています。

機内モードで遮断される通信機能は?

「機内モードはスマホの通信を一括で遮断する機能」と説明しましたが、具体的には以下の種類の電波を使用した通信を遮断します。

・電話回線
・キャリアによるモバイルデータ通信(「3G」「4G」「LTE」など)
・Wi-Fi
・Bluetooth
・GPS

スマホの機種にもよりますが、機内モードをONにすると、以上の5つの通信機能がOFFになります。

ですが、実は条件次第で、機内モード中でも使用できるものがあります。

その使用できる通信機能を一つずつ見ていきましょう。

電話回線

電話回線は全く使用できなくなります。

そのため機内モード中は電話をかけることができませんし、かかってくることもありません。

また電話回線を使いメッセージをやり取りするSMS(ショートメッセージサービス)の送受信もできなくなります。

キャリアによるモバイルデータ通信

こちらも使用できません。

Wi-Fi

実はWi-Fiは使用できます。

Wi-FiをONにした状態で機内モードをONにすると、同時にWi-FiはOFFになってしまうので、Wi-Fiは使用できないと思うかもしれません。

ですがもう一度Wi-FiをONにすると、機内モードもWi-Fiも両方ONの状態にできます。

なので、Wi-Fi環境であればインターネットが利用できます。

飛行機の安全面においても、現在は多くの航行中の飛行機内にWi-Fiが設置されているので、使用しても問題はありません。

ただし、Wi-Fiサービスが無い機内ではOFFにしておきましょう。

Bluetooth

Bluetoothも通信するための電波が発生するので基本的には使用できません。

ですが、飛行機の機体の種類によっては使用できます。

ボーイング社のほとんどの飛行機ではBluetoothが使用できるとされ、また、それ以外の機体も航空会社のホームページでも一部確認できます。

ですが、すべて記載されているわけではありませんし、飛行機に乗るとき自分がどんな機体に乗るか分かって乗る人はほとんどいないと思いますので、搭乗の際に空港のスタッフや添乗員さんにBluetoothを使って良いかどうか、しっかりと確認してから使用しましょう。

GPS

GPSは基本的に使用できるとされています。

GPSはスマホから電波を発するわけではないからです。

ただし、スマホの一部の機種やiOSの古いバージョンでは、機内モード中はGPSも使用できないようになっているものもあるので注意してください。

※参考 一例として、下記のリンクにJALの機内で使用できる機器やBluetoothなどの電波機器を使用できる機体が掲載されています。

電子機器類のご使用について

機内モード中にできること

では、「機内モード中に何ができるのか?」と思うのではないでしょうか。

機内モード中には、すでに届いているメールやLINEの閲覧、文章や画像の閲覧と編集、通信機能を使わないゲームなどができます。

つまり、通信機能を使わないことなら普段どおりできるわけです。

ですがWi-Fiさえあれば、飛行機内でもネットが使えますので、普段とほとんど変わらない使い方ができます。

電話回線は使えませんが、Wi-FiがあればLINEやSkypeなどの通話アプリで通話もできるので不便はほとんどないでしょう。

ただし、飛行機内での通話は他のお客さんの迷惑になりますので控えてください。

ちなみに、機内モード中でもアラームは鳴りますので注意しましょう。

飛行機に乗る際、スマホは機内モードに設定してくださいと案内されます。 機内モードは飛行機の安全な運行のため、スマホの一部機能をOFFに...

機内モードの意外で便利な使い方

ここまでを簡単にまとめると次のようになります。

・機内モードはスマホやパソコンの通信機能をOFFにする機能。
・Wi-Fi環境では、機内モードがONでもWi-Fiは使える。
・条件次第でBluetoothとGPSも使える。
・飛行機内では、Wi-Fiなどの通信機能は使用が許可されているか確認してから使用する。

このように、機内モードは飛行機の安全な運航のためにスマホの機能を制限します。

そのため、基本的にできることが少なくなってしまいます。

ですが、この機内モードの不便さを逆にうまく利用すると、飛行機以外の日常の様々なシーンで、以外な便利な使い方ができます。

なのでここからは、機内モードをONの状態でWi-Fiを使うことのメリットをはじめ、日常や海外など様々なシーンで、機内モードの特徴を利用したお得なテクニックを紹介していきたいと思います。

1.海外で通信料を抑えられる

海外に行くときにはWi-Fiをレンタルするという方が多いと思いますが、外国で不意に通常の通話やモバイルデータ通信を使用してしまうと、思わぬ高額になってしまうことがあります。

海外では国内のようにパケット定額制が適用されないことも多いからです。

また、スマホが渡航先の国の通信回線を自動的に拾い、知らずにそれを使ってしまうと、帰国後に高額請求されるということもあります。

自分では電話やメールをしないように気をつけても、相手側から着信するものは避けられません。

そんなとき、スマホの機内モードとWi-Fiを両方ONにしておけば、定額制または無料の公衆Wi-Fiだけを使い、使用量によって金額が加算される通話とモバイルデータ通信を間違って使ってしまうことがないという状態にすることができます。

こうすれば無駄な通信料を抑えることができるのです。

このとき、電話回線を利用した通話はできなくなりますが、先程の通話アプリでなら通話できる場合もあります。

2.バッテリー消費を抑え、充電速度を早くする

機内モード中は、通信機能がOFFになるためバッテリー消費を抑えることができます。

旅行やアウトドアなど、いつでも充電できる環境ではないシーンで、バッテリー消費をできるだけ抑えたいときは、機内モードにすると良いでしょう。

スマホにもともとある低電力モードや省電力モードなどの機能と合わせれば、更にバッテリー消費を抑えられます。

また、その状態で充電をすればそのぶん早く充電できます。

ただし、バッテリー状況や充電方法などによっても充電速度は変わるので、機内モードにしたから絶対に早くなるというわけではないので注意してください。

3.通信状況の改善

スマホを使っていると、原因はわかりませんが、ときどき電話が途切れたり、ネットが繋がりにくくなったりと、通信がうまくできなくなることがあります。

そんなとき機内モードをONにして(=通信を1回遮断して)、もう一度機内モードをOFFにする(=通信を再開する)と、通信状況が改善することがあります。

電源を1度切るのも一つの手段ですが、機内モードをON/OFFするほうがお手軽です。

4.LINEの既読を付けずに読める

すでに受信しているメッセージに限りますが、機内モードを利用すると、LINEのメッセージに「既読」を付けずに読むことができます。

LINEのメッセージが着信したら、LINEのアプリを閉じた状態のまま機内モードをONにしてからトーク画面を開くと、未読のメッセージを読んでも相手に既読がつきません。

ですが、機内モードをOFFにして通信ができるようになると一斉に既読がつくため、タイミングに気をつけましょう。

またこの場合はWi-FiはOFFにしておかなければいけません。

5.インスタグラムの画像編集を投稿せずにおこなえる

通常、インスタグラムは画像の編集と投稿が1セットです。

編集した画像を投稿するのではなく、画像を選択し、投稿する前提で編集する形式になっています。

ですが機内モードを使えば、画像の編集だけすることができます。

機内モードの状態で画像編集後、シェア(=投稿)を押すと、送信されることなく自分のタイムラインに「接続が強くなった時に自動投稿」と表示されます。

その右側の「︙」をタップすると「もう一度実行」「後で投稿」「投稿を破棄」が選択できます。

「後で投稿」を選択しておけば、勝手に投稿されることもなく、自分のインスタグラム内に編集だけした画像が保存されています。

6.電源を切らなくても通信だけON・OFFが可能

飛行機の中や海外旅行以外にも、電源を切らず通信機能だけをOFFにしたいという場面は以外にあります。

例えば会議などは、「電話の着信などは困るが、メモやスマホに保存してある資料は見たい」といった場面では機内モードが便利です。

静かにしなければならない場所などで、いちいち電源を落とさずに邪魔な着信だけを遮断できるという意味でも便利です。

ただし、アラームなど、着信以外の音が鳴る機能までOFFになるわけではないので、注意しましょう。

7.登山にも役立つ

先ほど、「アウトドアなどではバッテリー消費を抑えたい」というお話をしましたが、登山では更に細かく便利に使用することができます。

登山などいつでも十分な充電ができない状況では、できるだけバッテリー消費を抑えたいと思います。

しかし、山など通信基地局が少ない場所では、携帯電話が常に通信電波を探すため通常よりもバッテリーを消耗してしまいます。

こんな時も機内モードで通信を遮断しておけば、バッテリーを無駄に消費することを避けられます。

また先ほど説明したように、機内モードでも基本的にGPSは使用できるので、オフライン対応のマップを入れておけば、マップを使い自分の現在地を把握することができます。

この使い方はいざという時に役に立つかもしれないので、ぜひ覚えておきましょう。

8.子どもにスマホを持たせる時も機内モードにしておくと安心

ゲームや動画など、小さなお子さんにもスマホを使用させることもあると思います。

ですが通信がONの状態だと、子どもが誤ってゲームに課金してしまったり、有害なサイトへ接続してしまったりする危険があります。

そんなときも機内モードにしておけば、通信ができないので、小さなお子さんにも安心して使わせることができます。

機内モードの意外で便利な使い方! まとめ

機内モードは飛行機の安全な運行のために、スマホやパソコンの通信機能をOFFにする機能です。

飛行機の中で機内モードを使用することは航空安全法で定められているので、必ず守ってください。

ですが条件によっては機内モード中でもWi-Fiなど一部の通信機能は使用できます。

また、スマホの機能を制限してしまう機内モードも、使い方によっては、本来の飛行機の中だけでなく、Wi-Fiと併用することで海外でのデータ通信利用による思わぬ高額請求を防いだり、アウトドアでのバッテリーの節約したりなど様々なシーンで、役に立てることができます。

この記事を読んで、機内モードとはどんなものか知っていただき、スマホをより便利に使っていただけたらと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする