ツイッターの新機能「フリート」の使い方!基本的な使い方や足跡機能などの注意点を解説します!

2020年11月11日、日本版のツイッターに『フリート(Fleets)』機能が導入されました。

『フリート』とは、投稿したら24時間で、その投稿が自動的に消去される投稿形式です。

インスタグラムでは『ストーリーズ』が、同じような時限削除の投稿として知られています。

この記事では、ツイッターのフリート投稿の特徴と使い方、そして「足跡機能」などの気になる注意点を紹介します。


ツイッターの新機能『フリート(Fleets)』とは?

フリートとは、ツイッターでテキスト・画像・動画の3つの形式で投稿が共有できる機能ですが、最大の特徴は、その投稿が24時間で自動的に消去されることです。

24時間で削除されるため、通常のツイートよりも気軽に発信できます。

「投稿が消える」ということにデメリットのように感じる方もいるかも知れません。ですが、他のユーザーと「ライブ感」を共有できるというふうに考えると、これまでの通常のツイートとは違う性質の投稿形式とは全く別の表現手段と言えます。

多くのフォロワーを集めたいと考えている人にとっては、フリートで良い投稿を連発すれば、まさに「目が離せない存在」となり、より多くの注目を集めるきっかけになるかもしれません。

フリート機能の使い方

ここからは閲覧方法・投稿方法といった、フリートの基本的な使い方を解説します。

フリートの閲覧方法

フリートは、自分がフォローしているユーザーのフリート投稿を見ることができます。

閲覧方法は、自分のタイムラインの上部に24時間以内にフリート投稿したユーザーのアイコンが表示されているので、そのアイコンをタップするだけです。

メッセージを送る

投稿されたフリーと対して、メッセージを起こることもできます。

メッセージは公開されることなく、投稿者へのダイレクトメッセージ(DM)として届きます。

ミュート

ある人のフリート投稿は見たくないと思ったらミュートすることもできます。

そのユーザーのフリート投稿だけをミュートするか、そのユーザーのすべての投稿をミュートするかを選択できます。

右上の「︙」からメニューを開き、ミュートする操作をします。

フリートの投稿方法(基本編)

次のフリートでの投稿の方法を説明します。まずは基本的な投稿のやり方です。

タイムラインの左上にある「追加する」と表示された自分のアイコンをタップします。

投稿の種類は以下4つです。

  1. テキストを投稿
  2. ギャラリーから画像や動画を選んで投稿
  3. 静止画をその場で撮影して投稿
  4. 動画をその場で撮影して投稿

投稿内容が決まったら右上の「Fleet」をタップして投稿完了です。

以上がフリートの基本的な投稿の方法になります。

フリートの投稿方法(応用編)

次はやや細かいフリートの投稿の方法、つまり応用編です。

削除

フリートで投稿した時、気に入らなければ削除することができます。

追加

フリートの1回の表示時間は約10秒です。

しかしそこに、さらに別の投稿を追加して長くして、変化のあるフリート投稿をすることもできます。

使い方は様々ですが、例えば4コマ漫画のようにストーリーやオチのつける投稿をすると面白いのではないでしょうか。

加工

フリートは投稿する際に簡単な加工もできます。

テキストか画像のどちらかではなく、「テキスト+画像」でも投稿できます。

また、指で「ピンチ」や「スワイプ」操作でテキストや画像を拡大したりしたり傾けたりして、デザイン的なオシャレ感も出すことができます。

文字だけでなく画像とも合わせられます。

こんな感じに加工することができ、さらには背景色や文字を変えることもできます。

他ユーザーのツイートをフリートでシェア

ツイッターには他のユーザーのツイートをシェアするリツートの機能が付いていますが、「他のユーザーの投稿をフリートとしてシェア」する機能も追加されました。

つまり24時間で消えるリツイートです。

通常のツイートのシェアボタンをタップして「ツイートを共有」のメニューを開くと「Fleetで共有」の項目があるので、それを選択します。

フリートの注意点

フリートは24時間で自動に消えるといった特徴から、気軽に投稿できるといったメリットがあります。

しかし通常のツイートにはない注意点もあるので、ここでそれを紹介します。

足跡機能

自分がフリートで投稿した場合、その投稿を見るのは自分のフォロワーです。

そしてフリートはどのフォロワーが自分の投稿を閲覧したかわかる、いわゆる「足跡機能」が付いています。

画像ではまだ誰も投稿を閲覧していませんが、赤枠の部分に閲覧したアカウント名が表示されます。

プライバシーの問題もありますし、知り合いの人のツイートを覗き見しているような場合は注意しましょう。

ネット上でもユーザー同士の距離感を間違えると、トラブルの元になりかねません。

また非公開アカウント(鍵アカ)で閲覧した場合でも、足跡は残るようになっています。

投稿内容は責任を持って

ここまで、フリートは24時間で自動に消去されるので、気軽に投稿できると説明してきました。

しかし投稿が消えるからといって、何を投稿してもいいわけではありません。

犯罪や他者を傷つけるような投稿は絶対にしてはいけませんし、フリート投稿が消えるからといって、無責任な発言もしてはいけません。

また、投稿が自動で消去されてもスクショを撮られル可能性もあります。その場合、拡散・炎上となりかねないので、SNS基本的なルールやマナーを守って投稿することを心がけましょう。

ツイッターの「フリート(Fleets)」の使い方まとめ

ツイッターの「フリート(Fleets)」は、投稿後24時間で自動消去される投稿形式です。

テキストや動画が投稿でき、消えてしまうからこそ他のユーザーとライブ感が共有できます。

また、時間が経てば消えるので気軽に投稿できるのも特徴ですが、通常のツイートと同様、投稿内容はルールやマナー合った投稿をするようにしましょう。

また、フリートの特徴として「足跡機能」があります。

投稿者には誰が投稿を閲覧したかわかるので、プライバシーなどが気になる場合はフリートを使わないというのも選択肢の一つです。

それでもフリート機能はツイッターの新たな機能として、表現の幅を広げてくれることは間違いありません。

なのでこの記事を読んでいただき、楽しく安全に利用していただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする