スポンサーリンク

機内モードにしているスマホでもアラームは鳴る?



[Sponsored Link]

飛行機に乗る際、スマホは機内モードに設定してくださいと案内されます。

機内モードは飛行機の安全な運行のため、スマホの一部機能をOFFにする機能です。

ですが、その機内モードにすると「アラーム機能までOFFになるのかな?」と疑問を抱く方もいらっしゃると思います。

結論から言えば、機内モード中にもアラームは鳴ります。

また、そもそも「機内モードって何のためにあるの?」と思っている人もかなりいらっしゃるようですね。

なので、ここでは機内モード仕組み機能、そしてアラームの関係を実際に検証しながらお伝えします。

この記事を読んで機内モードとアラームについて理解を深めていただき、より便利にスマホを利用していただければと思います。

機内モードにしているスマホでもアラームは鳴る?

機内モードとは?

機内モードとは、電話回線・キャリアによるデータ通信・Wi-Fi・Bluetooth・GPSなど、スマホを使用する際に必要な電波の利用をOFFにする機能です。

なぜこのような機能がついているかと言うと、普段使用しているスマホの電波が飛行機の運転に悪影響を与え、大きな事故になる恐れがあるからです。

飛行機内で機内モードにすることは「航空安全法」で定められていることなので、絶対に守らなければなりません。

違反した場合は罰金が科されることもあります。

また、スマホだけでなくパソコンにも機内モードの機能がついていますので、パソコンを機内に持ち込む方は、スマホだけでなくパソコンの機内モードもONにしましょう。

機内モードでも使える機能

先ほど「機内モードとは、電話回線・キャリアによるデータ通信・Wi-Fi・Bluetooth・GPSをOFFにする機能」と説明しました。

ですが実は、状況によって使用できる機能もありますので、それを少し説明したいと思います。

まず、表にするとこんな感じです。

機能 使用
電話回線
キャリアのデータ通信
Wi-Fi
Bluetooth
GPS

△の機能が機内モード中でも条件によっては使えるものです。

電話回線とキャリアのデータ通信ですが、こちらは完全に利用できなくなります。

Wi-Fi・Bluetooth・GPSは、場合によっては利用できるということですね。

はじめに機内モードをONにするとそれぞれいったんOFFになりますが、そのあとWi-Fi・Bluetooth・GPSを再びONにすれば機内モード中でもちゃんと起動します。

機内モードと同時にWi-FiとBluetoothが起動しています。

しかし「法律で決まっているのに飛行機の中で使って大丈夫なの?」と考える方もいると思いますので、そのあたりを説明します。

Wi-Fi

Wi-Fiは飛行機の中に設置されている場合もあるので、その飛行機の中では利用しても何も問題ありません。

機内でWi-Fiを利用する時は各航空会社の案内に従い、飛行機の航行が安定してから利用するようにしましょう。

Bluetooth

Bluetoothに関しては飛行機の種類によって使える場合と使えない場合があるようです。

例えばJALのB767・B777・B787、ANAのB777・A321・Q400などの飛行機の中では使用可となっています。

ただし各航空会社で異なり、また飛行機の種類はすべて明示されているわけではないので、Bluetoothが使えるかどうかは各航空会社や乗務員に問い合わせるか、わからなければ使用は控えてください。

GPS

GPSに関しては使用できるとされています。

GPSは基本的にスマホから電波を発信するのではなく、受信するだけだからです。

ただし一部のスマホの機種やiOSにバージョンによっては、機内モード中はGPSをONにできないものがあるようです。

資料:電子機器類のご使用について(JAL)

機内モード中にできることの具体例

では機内モード中にできることは具体的になんでしょうか。

機内モードとは、ざっくりと言ってしまえば「スマホやパソコンの通信機能をOFFにする機能」です。

ですので、通信機能を利用しないソフトやアプリなら飛行機内でも利用できることになります。

例えばWordやExcelでの会議などの資料作成はできまし、ゲームなども通信しないものならできます。

また、クラウドは使えませんが内部ストレージに保存しておいた写真や動画の閲覧も可能です。

飛行機に乗る前に映画などをダウンロード保存しておけば、通信機能がなくても楽しめますね。

さらにWi-Fiが備わっている飛行機であれば、インターネットでの調べ物や作った資料の送信など、通信もできるようになります。

また機内モード中は、電話回線は絶対に使えないのですが、Wi-FiがあればLINEなどの電話回線ではなくネット回線を利用した音声通話アプリで通話もできますので、不便なことはほとんどないと思います。

ただし、飛行機内での通話はマナーをしっかり守りましょう。

飛行機以外でも便利な機内モード

この機内モード、名前に「機内」とは付いていますが、飛行機の中以外にも様々なシーンでも利用できます。

たとえば会議中など、余計な通知や連絡が来てほしくはないが、スマホやパソコンの中にあるデータや文章を閲覧・使用したいといった時などは、機内モードにすればそれが可能となります。

また通信機能が使えない状態であれば、その分節電にもなります。

そのため機内モードをONにしながら充電をすれば、節電の分少しだけ速く充電ができます。

以上は一例ですが、電源を切らずにワンタッチで通信だけを遮断することができる機内モードには、こんな使い方があるのです。

「機内モード」という名前から飛行機を乗る時にしか使わないような印象を受けますが、「通信機能だけをOFFにするモード」と理解しておくと、さらに使い方の幅が広がるかもしれません。

機内モード中にアラーム音は鳴るの?

さて、本題の「機内モード中にアラーム音が鳴るかどうか」です。

別の言い方をすれば「通信機能をOFFにしていてアラームは鳴るの?」もしくは「アラームと通信機能は関係あるの?」ということでしょう。

ここまで読んでいただいた方は、なんとなく想像がつくのではないかと思います。

つまり結論は先に述べましたが、アラームと通信機能は関係ないので「機内モード中もアラーム音は鳴る」です。

では、このこと知っているとどんなことに役立つのでしょうか。

飛行機内以外で機内モードを使うシーンは、自分はもちろん、周囲にも迷惑がかけられないといった状況が想定されます。

たとえば先程も例に出した会議の場面です。

スマホの中にあるデータを使いながら議論をしているのに、そこに何度も電話がかかってきてしまっては会議が滞ってしまいます。

そんな時に機内モードを使用すればいいという話でしたね。

しかし、通知や連絡は遮断できても、アラームが鳴ってしまっても困るのです。

アラームを朝起きるときだけでなく、日中の時間管理に使用している人も多いと思います。

ですが、そのアラーム機能をONにしたまま会議などの大事な場に行ってしまい、会議中にアラームが鳴ってはダメですよね。

ですので、会議などの大事な場面で余計なことを気にせずスマホを使いたい時は、機内モードをONにした上で、さらにアラーム機能はOFFにしなければなりません。

また反対に、勉強をする時などは、時間を区切って集中したり、テスト形式で問題を解きたいという時などは、機内モードをONにして通信は切っておいてアラームだけを使えば、スマホを効果的な学習ツールとして利用できます。

実証実験

ここまでで「機内モード中にアラーム音は鳴る」という結論になりました。

ですが念のため、実際に試してみました。

実証実験です。
1. 機内モードをONにしてアラームを設定します。
 

2. 設定した時間まで待ちます。

3. 機内モードがONのままアラームが鳴りました!

改めて結論。

「機内モード中にアラームは鳴る」です。

先ほど説明したように、機内モードは飛行機に悪影響を及ぼすかもしれない電波を使う通信を制限する機能なので、通信機能と関係のないアラームは鳴るのです。

電源を切っていてもアラームは鳴る?

ここからは機内モードとは関係はありませんが、「機内モード中にアラーム音は鳴るか?」という疑問を持った方が、似たような状況でもうひとつ考えるかもしれない疑問についても説明いたします。

その疑問とは「電源を切っていてもアラームは鳴るのか?」です。

こちらも結論から言えば「機種とその設定による」ということになります。

ではどういうことか、なぜこのような疑問が出てくるのかということから順に説明いたします。

個人的な話ですが、もうだいぶ前、私が大学入学試験を受けた時、試験前の注意で「携帯電話等は電源をOFFにすること。アラーム機能は電源をOFFにしていても鳴ることがあるのでアラームも解除しておくこと。」といったアナウンスがされました。

当時、多くの人はまだガラケーを使用していたのですが、ガラケーには時刻指定による電源の自動ON/OFF機能が付いていたのです。

試験前の注意はこの機能のことを言っていたわけです。

また、この自動ON/OFF機能はガラケーだけでなく、iPhone5sなど出始めた頃のスマホにも一部この機能が付いていることがあるようです。

先程の「機種とその設定による」というのはこのことです。

ですが最近のスマホにはこの電源の自動ON/OFF機能は基本的には付いていません。

というのも、かつてのガラケーよりも更に高機能化した現在のスマホには、銀行やクレジットカードなどの重要な個人情報が入っており、高いセキュリティ性が求められるからだと考えられるからです。

設定したからといって勝手に電源がONになり、それで誰かに見られ悪用されてはたまりませんよね。

遠隔操作などの犯罪行為で電源がONにされた場合と見分けがつかないかもしれません。

なので、古いものなど一部の機種を除いて、今のスマホには電源を切った状態から自動で起動してアラームが鳴ったり、なにかアプリが動いたりといった機能は、基本的に付いていないのです。

つまり「最近のスマホは電源を切っていればアラーム音は鳴らない」と考えて良いでしょう。

ですが、アラームを絶対に鳴らしたくないという状況では、アラーム機能自体をOFFにしておくことが確実ですので、会議や試験などの大事な場面では、アラーム機能は必ずOFFにしましょう。

まとめ

機内モードとは「スマホやパソコンの通信機能をOFF」にする機能なので、通信機能と関係のないアラームは機内モード中でも鳴ります。

同じような疑問として、「スマホの電源がOFFの時にアラームは鳴るのか?」については、現在のスマホは基本的に、電源OFFの時はアラームは鳴らないと考えて良いでしょうが、機種や設定によることもあるので、大事な場面ではアラーム機能はOFFにしたほうが良いでしょう。

今回この記事で調べてわかったこの機内モードとアラームの関係をもとに、状況に合わせた設定をして、より幅広く有意義にスマホを使っていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする