iphoneのタッチパネルが反応しない原因と8つの対処法



[Sponsored Link]

今回はiphoneのタッチパネルが反応しない時の原因と対処法について紹介したいと思います。

長年iPhoneを使っていると、

「あれ!?タッチパネルの反応が悪いかも!?ってか反応しない感じ。。」

こんな現象に陥ることがあるかもしれません。

あまりにもその状態が長く続いてしまうと故障してしまったかも。。。と思ってしまいますよね。

修理に出してしまう前に一度試してもらいたい対処法があります。

sponsored link
>>>iphoneの迷惑メールフォルダの意味とは?主な原因と対処法!

iphoneのタッチパネルが反応しない時の8つの対処法

まずはキャリアにiPhoneの修理依頼を出す前に試してみたいことは8つありますので順に試してみてください。

1)iphoneのタッチパネルを布でキレイに拭く

iphoneのタッチパネルは指に付いた油や汗、または汚れがたくさん付いています。その為、何もしない状態だととても汚れていて汚いです。

iphoneのタッチパネルを布で拭く際は、十分に乾いた布、もしくはマイクロファイバーの布等で拭き上げるようにしましょう。

また、iphoneだけではなくスマホのタッチパネルなどはトイレの便器よりも汚れている調査結果もあるくらいですので、衛生面を考えてもタッチパネルは定期的に拭き上げるようにしてください。

▶︎【トイレの便器より汚い!?】スマホの画面を綺麗にする方法!

2)指の静電気を逃がしてから使用してみる

スマホのタッチパネルは、「静電容量方式」もしくは「抵抗膜方式」が採用されています。

抵抗膜方式」の場合は、タッチパネルの膜と膜がくっつき、電流が通ったところをセンサーが読み取るようになっていますので静電気はあまり関係ないのですが、「静電容量方式」の場合は体内の静電気が関係してきます。

iphoneは「静電容量方式」を採用していますので体内に静電気を多く持ちすぎていると、タッチパネルが稀に反応しないことがあります。

これを解消する為には一度、ドアや壁、地面を直に触り体内の静電気を逃がしてあげると改善されます。

3)iPhoneの画面に貼ってある保護シールを剥がしてみる

新品で購入するとタッチパネルの部分に保護シールを貼っている場合もあります。

長い間使用しているとその保護シールに汚れや傷がついてしまっていたりして、その影響でタッチパネルが反応しずらくなってる場合もあります。

該当する場合は一度保護シールを剥がしてみてiphoneの反応を確認してみて下さい。

参考:スマホの液晶保護フィルムの剥がし方!

4)スリープボタンを何度も押してみる

これはあくまでも応急処置にしかならないのですが、スリープボタンを押して「スライドロック解除」を繰り返し行うというものです。

中にはこの方法で反応が戻ったという話も聞きますが、ほとんどの場合また反応が悪くなってしまいますので、あくまでも応急処置として知っておいてください。

5)iosが最新のものであるか確認する

iosが最新のバージョンであるか確認してみて下さい。

もし、iosが最新のものでない場合、システムの不具合による原因も考えられますので、

「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」

で、iOSのバージョンが最新かどうかを確認し、最新でない場合はソフトウェアのアップデートを行うようにしましょう!

▶︎iPhoneのアップデートのやり方と”できない時”の対処法!

6)iPhoneを再起動してみる

iPhoneを再起動するということは他の家電と同様、システムやプログラムのバグやメモリの改善が図れますのでそれによりタッチパネルの動作が正常化するケースが多いです。

しかし、タッチパネルが動作しないということは「スライドで電源オフ」もできないということだと思います。

この場合は、やむおえないですが「iPhoneの強制終了」をするようにしてください。

iPhone01

「強制終了」はiPhone側面のスリープボタンホームボタンを長押しすることでできます。

また、iphoneに限らず電化製品による不具合は再起動を行うことによってほぼ解決することができます。

内蔵されているメモリ以上の動作をしてたりすると機器が不具合を起こしてしまい、フリーズ状態になってしまうことがあります。

もし、iphoneが処理できない程アプリを同時に立ち上げてしまっていたり、画像・動画の保存容量が上限値である場合はタッチパネルも反応しずらい場合もありますので、思い当たる場合、一度再起動してみることをお勧めします。

参考:iphoneのスリープボタンが効かない時の再起動方法

7)充電しながらの場合は充電器を外してみる

iphoneの充電の減りが気になってしまって充電器を付けたまま操作している人も中にはいるのではないでしょうか?

充電器を付けたままiphoneを操作するとバッテリーの絶対値も減りますし、何より今回の様にタッチパネルが反応しなかったり誤作動を起こしてしまう事もあります。

iphoneに充電器を刺したまま使用している場合は一度充電器を外してみましょう。

また、Apple社純正の充電器を使用していない場合は、純正の充電器の使用をお勧めしますので、原因が充電器である場合はこの際買い換えた方がいいのかもしれません。

8)iPhoneをキャリアへ修理に出す

これは最終手段になるのですが、修理代は各キャリアによってかなり金額の幅があります。

高いものは数万のところもあるのですが、DOCOMOだったりすると無償、もしくは数千円の可能性もあります。

修理代等については以下の記事を参考にしてみてください。

▶︎iphone 紛失!再購入すると費用はいくらする!?

▶︎iphoneのホームボタンが壊れた時の原因と修理料金は?

iphoneのタッチパネルが反応しない時のその他の原因

ここまで紹介した内容でおおよそは改善できると思いますが、中には他の原因によってiphoneのタッチパネルが反応しない場合もありますので何点か紹介したいと思います。

以下の状況が当てはまる場合は自分で直す事は正直、厳しいかと思いますので素直に修理に出すことをお勧めします。

iphoneのタッチパネル画面が割れている

iphoneを落としたり物にぶつけてしまいタッチパネル部分が割れてしまっていると、当然タッチパネルは反応しなかったり、し辛くなります。

電池パックの膨張等によりiphoneが湾曲している場合

お尻のポケット等にiphoneを入れていたりすると本体が湾曲になってしまう場合があります。

こうなってしまうとタッチパネルの接触が悪くなりますので、当然タッチパネルの反応は悪くなります。

水没等でiphone内部に水が侵入している場合

手を洗って水面に落としてしまったり、トイレに落としてしまったりと…実はiphoneの水没は結構起こっています。

水没してしまうと基盤内に水が侵入してしまい故障の原因になってしまいます。

▶︎水没したスマホを復活させる方法!驚異的な成功率!

修理を依頼するのであれば”Goodモバイル”がお勧め!

goodモバイルの特徴は何と言っても部分修理が詳細に依頼できるところです。また、バックアップを取っていない場合でもgoodモバイル側でデータを取り出して保護した状態で修理をしてくれます。

また、修理後3ヶ月の保証もついてきますので、修理後に不備があった場合でも無料で再修理してくれます。

▶︎【公式】iphoneの修理依頼ならgoodモバイル!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiphoneのタッチパネルが反応しない時の原因や対処法と言う内容で紹介しました。

iphoneのタッチパネルが反応しないな〜と感じたら、

(1)タッチパネルを布でキレイに拭く
(2)指の静電気を逃がしてから使用してみる
(3)保護シールを貼ってる場合は剥がしてみる
(4)iosが最新のものであるか確認する
(5)スリープボタンを何度も押す
(6)充電しながらの場合は充電器を外してみる
(7)iphoneを再起動させてみる
(8)iPhoneをキャリアへ修理に出す

以上のことを試してみてください。

それでもiphoneの改善が見られない様でありましたら、goodモバイルの様な業者に修理依頼をする様にしてくださいね。

▶︎【公式】iphoneの修理依頼ならgoodモバイル!

sponsored link
iPhone-tukaikata01
iPhone-tukaikata01

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする